トピック解説/コラム

【動画】アメリカ訴訟弁護士が語る ~激動期の乗り越え方~

Saito Law Group PLLC

「景気が縮小している『激動期』は今までと比べ変化のスピードと方向が違う」と語るSaito Law Group PLLCの齋藤 康弘 弁護士による「激動期」シリーズを紹介します。

景気が縮小している『激動期』は今までと比べ変化のスピードと方向が違う。

訴訟大国米国で、長年企業訴訟に携わってきた日本人弁護士から見た「激動期」とは何か。また「激動期」のリスクとはどのようなものなのか、「激動期」に求められる参謀(法務/コンプライアンス/リスク管理担当者)の役割、「激動期」の乗り切り方について、過去の事件の例を交えて語ります。

資料のダウンロード、動画の視聴はこちら(無料会員登録が必要です)。


動画の視聴にはFRONTEO Legal Link Portalへの会員登録(無料)が必要です。

 

 

こんな人におすすめ

・ 企業の知財・法務担当者

・ 企業のコンプライアンス担当者

・ 企業のリスク管理部門責任者

 

スピーカー紹介

齋藤 康弘 弁護士
米国における企業訴訟、企業不祥事、ホワイトカラー犯罪弁護、企業顧問
齋藤 康弘 弁護士

慶応義塾大学法学部法律学科卒(1989年)、St. John’s University Law School (JD、1992年)。連邦裁判官ロークラーク(ニューヨーク西部地区、1992年から1994年)(通常は米国市民権保有者のみに許されるポジションに特例で任官)。ニューヨーク大手法律事務所(Carter Ledyard & Milburn、 Hughes Hubbard & Reed)の訴訟部パートナーや訴訟プラクティス部門リーダーを歴任(1994年から2011年)。企業訴訟・不祥事対応および企業の米国顧問に特化したSaito Law Group法律事務所を設立(2011年)。企業の重要な訴訟案件において実際に法廷に立って弁護を行ってきた数少ない日本人弁護士。対応した著名案件は、アーサーアンダーセン、リーマンブラザーズ、オリンパス、米国イラン人質交換事件、等と多数。米国企業顧問として、法的リスク管理や内部統制・コンプライアンス・規制遵守のアドバイスを頻繁にする他、各種コーポレート案件における代理経験も豊富。講演等も多く、企業への法務セミナーの開催に加え、ニューヨークのロースクールや弁護士会でトライアル(審判)での弁論技術を教える講師も務めている。母校ロースクールでは奨学金を設立し後進を育成。

 

 こんな動画もおすすめ

アメリカ訴訟弁護士が語る ~激動期の対応の基準と心構え~

アメリカ訴訟弁護士が語る ~絶体絶命でもなんとかなる!~

アメリカ訴訟弁護士が語る ~加速する変化のスピード~

アメリカ訴訟弁護士が語る ~激動期に致命的なミスを避ける~

Tags
Show More
Back to top button