イベント・セミナー

  1. HOME
  2. イベント・セミナー
  3. ハイテク情報機器調査研修『クレジットカードフォレンジックの最新動向及びフォレンジックソフト勉強会』
TOKYO

ハイテク情報機器調査研修『クレジットカードフォレンジックの最新動向及びフォレンジックソフト勉強会』

UBIC主催

開催日
  • 02.12

ご来場誠にありがとうございました。

日時

2013/02/12(火) 13:30~17:15(開場・受付 13:00~)

会場

AP品川 京急第2ビル 

定員 50名(事前登録制:定員になり次第締め切らせていただきます。)
受講料 無料

タイムテーブル・講演内容お時間・内容が変更となることがございます。ご了承ください。

挨拶
13:30~13:40
主催 株式会社UBIC
講演.1
13:40~14:30
「クレジットカード会員データ流出時に必要となるフォレンジック調査サービスの実態とポイント」
講師:野﨑周作(Payment Card Forensics株式会社 代表取締役社長)
内容
クレジットカード会員情報が流出した場合、PCISSC(PCI Security Standards Council)により認定されたフォレンジック調査機関であるPFIs(PCI Forensic Investigators)によるフォレンジック調査が必要となります。
本講演ではPFIsによるフォレンジック調査の概要と直近の案件事例をもとに案件の傾向や、調査の際に問題となりやすい注意ポイントについてお話します。
休憩
14:30~14:45
休憩
講演.2
14:45~16:45
FTK Imagerの使用方法:証拠保全/簡易データ解析実践」
講師:河原徹(株式会社UBIC フォレンジック調査士)
内容
フォレンジック調査における重要な作業工程の一つに、証拠保全作業があります。本講演では、AccessData社製フォレンジックソフトウェア『FTK Imager』を用いた、物理ドライブ・USBデバイス・CD/DVDの証拠保全方法や、稼働中PCからのレジストリファイル抽出等、様々な証拠保全方法と注意点に加え、『FTK Imager』による簡易データ解析手法を実践形式でご紹介いたします。
情報交換会
16:45~17:15
機器展示・デモンストレーション及び情報交換会

特別展示

  • IM Solo4(フォレンジックコピーツール)
  • FTK4(フォレンジック解析ソフト)
  • Lit i View(大容量データ解析・レビューシステム)

講演概要

昨今、犯罪へのIT機器の使用頻度増加により、法執行機関・民間企業問わずIT機器のフォレンジック調査技術は習得必須となっており、その流れに応じてサイバー犯罪に取り組む捜査官も年々増員強化の傾向にあることを感じています。

株式会社UBICでは、平成15年より法執行機関や民間企業向けに、情報機器取扱い・保全・解析について数多くの研修・トレーニングを提供してきました。

今回、『ハイテク情報機器調査研修』と題し、クレジットカード会員情報の漏えい調査やセキュリティコンサルティング業務を行うPayment Card Forensics株式会社によるクレジットカードフォレンジックの最新動向紹介、及び特に新しくサイバー犯罪捜査を行う方を対象に勉強の場として、無料フォレンジックツール『FTK Imager』を使用しての保全、解析作業勉強会を実施します。

講演講師のご紹介

  • 講師:野﨑 周作(のざき しゅうさく)
    (Payment Card Forensics株式会社 代表取締役社長)

    UCE, EnCE, CFEの資格を有し、コンピュータフォレンジックチームを率いて、多くのコンピュータ不正調査や、フォレンジック対応のコンサルティングを手掛ける。また、国際訴訟時の電子情報開示においても、技術面で重要な役割を果たしている。

  • 講師:河原 徹(かわはら とおる)
    株式会社UBIC(株式会社UBIC フォレンジック調査士)

    UCE, ACEの資格を有し、長年フォレンジック調査部門にて、実案件を担当。現在は主にトレーナーとして従事し、官公庁、民間問わず、多くのクライアントのフォレンジックスキル向上に寄与している。

主催企業概要

株式会社UBIC

株式会社UBICは、パソコン等のコンピュータ調査(電磁的記録解析)ツール提供、及びサイバー犯罪捜査支援や内部不正解決のための実践的トレーニングを専門にするほか、国際的カルテル調査、知財訴訟などで要求される電子データの証拠保全及び調査・分析を行うeディスカバリ事業(電子証拠開示支援事業)を提供する、リーガルハイテクノロジー総合企業。2003年8月の設立より、コンピュータフォレンジック技術を中心に成長し、その実績は600件以上の企業内部調査(2004年~2012年8月)だけでなく、ソフトウェアの操作サポート・トレーニングにおいても官公庁・民間企業より650名以上が受講(2005年~2012年8月)、220件以上の国際訴訟支援(2005年~2012年4月現在)を行っている。
更に、その経験をソフトウェア上に展開、実際のフィールド解析エンジニアも派遣し、様々な角度から企業のデジタルフォレンジック調査を始めとする情報資産管理・インシデント対応を支援している。国内では最多のフォレンジック調査士が在籍し、アジア圏では唯一のフォレンジック専門ラボを開設。
2012年5月、米国調査会社ガートナー社の2012年マジック・クアドラントeディスカバリ部門においてビジョナリーとして選出。

お願い

  • カメラ/ビデオ/テープレコーダーなど記録機器の持ち込みはご遠慮ください。
  • 会場内でのPC/携帯電話のご使用はお控えください。
  • 競業する企業様のご参加は、お断りする場合がございます。
  • 予告なく内容を変更する場合がございますのでご了承ください。

お問い合わせ

フォームからお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

03-5463-7577

株式会社FRONTEO リスクコンサルティング部