イベント・セミナー

  1. HOME
  2. イベント・セミナー
  3. 「2012年11月公表 米国FCPAガイドライン対応のポイント」~効果的なコンプライアンスプログラムの考察~
TOKYO

「2012年11月公表 米国FCPAガイドライン対応のポイント」~効果的なコンプライアンスプログラムの考察~

株式会社UBIC/株式会社UBICリスクコンサルティング共催

開催日
  • 03.06

ご来場誠にありがとうございました。

日時

2013/03/06(水) 9:20~(受付 9:00~ / 講演開始 9:20~ / セミナー終了予定 12:05)

会場

アークヒルズ仙石山森タワー 28F 

定員 50名(事前登録制:定員になり次第締め切らせていただきます。)
受講料 無料
対象 法務部門、コンプライアンス部門、国際訴訟ご担当者、M&Aご担当者

タイムテーブル・講演内容お時間・内容が変更となることがございます。ご了承ください。

講演1.
9:20~10:20
「米国司法省・証券取引委員会の新ガイドラインの影響とコンプライアンス体制の構築」
~メリハリの効いたコンプライアンス体制とは~
ベーカー&マッケンジー法律事務所 パートナー
西垣 建剛 弁護士
講演2.
10:25~11:15
「平時におけるコンプライアンスプログラム運用の有効性」
~如何にコンプライアンス文化を浸透・定着させていくか~
シーメンス・ジャパン株式会社 リーガル&コンプライアンス
リージョナル コンプライアンス オフィサー
高橋 重之 氏
講演3.
11:20~12:05
「デジタル・フォレンジックを活用したコンプライアンス監査」
~不正行為の監査と予防・抑止へのアプローチ~
株式会社UBIC 執行役員 テクノロジー部 部長
武田 秀樹
株式会社UBICリスクコンサルティング シニアリスクコンサルタント
公認不正検査士/企業情報管理士
岡田 大輔
(講演者・講演内容が変更となる場合がございますのでご了承ください。)
昼食&名刺交換会
12:10~13:00
立食形式でサンドイッチ、サラダ、フルーツ、ドリンクをご用意しています。
講師や企業様同士の名刺交換・情報交換の場としてご活用いただけます。

質疑応答は各講演終了後に設けております

昼食&名刺交換会
12:10~13:00

講演概要

2012年11月14日、米国司法省(DOJ)及び米国証券取引委員会(SEC)は、共同で「A Resource Guide to the U.S. Foreign Corrupt Practices Act」と題するFCPAの執行に関するガイドライン(以下「ガイドライン」)を発表しました。 ガイドラインの発表は長年待ち望まれたものであり、FCPAの解釈及び執行に関して事例や仮設シナリオを用いて考察がなされています。

近年、米司法省はFCPAの施行をさらに厳格にしており、日本企業においてもFCPA違反で刑事追訴されるケースが増えています。このような厳格化の流れの中で、世界的な金融機関グループであるモルガンスタンレーは、実行性のある徹底的なコンプライアンスプログラムにより訴追を免れています。

米国当局によるFCPA違反の摘発件数の増加、さらにはそのFCPAよりも厳しいと言われている英国の贈収賄禁止法の施行などの背景を考慮した場合、適正なコンプライアンス体制を整えておくことは、もはやグローバルに事業を展開する企業において必須条件となっています。しかし、コンプライアンス体制を構築したからといって、それが形式的で一過性なものでは不正汚職リスクから企業が守られるとは言い切れません。

本セミナーでは、ベーカー&マッケンジー法律事務所 弁護士・ニューヨーク州弁護士 西垣 建剛 氏から、今回のFCPA新ガイドラインについて重要なポイント及びコンプライアンスプログラムの体制の構築等ついて説明をいただきます。

シーメンス・ジャパン株式会社 コンプライアンスオフィサーである高橋 重之氏からは、シーメンス社が導入したコンプライアンス体制を紹介していただくと共に、如何にその仕組みを継続的に運用・活用し、コンプライアンスを単なる仕組みではなく企業文化として浸透・定着させていくかについて解説をいただきます。

株式会社UBIC 武田と、株式会社UBICリスクコンサルティング 岡田からは、デジタル・フォレンジックを活用した非常に実践的かつ有効な手段である、電子メールの監査について説明をします。
皆様お誘い合わせのうえ、ぜひ御来場ください。

スピーカーのご紹介

  • ベーカー&マッケンジー法律事務所 パートナー<br>西垣 建剛 弁護士

    ベーカー&マッケンジー法律事務所 パートナー
    西垣 建剛 弁護士

    1998年東京大学法学部卒業、2000年弁護士登録後、ベーカー&マッケンジー法律事務所に入所。2004年ニューヨーク大学ロースクール修士課程(LLM)卒業。同年より2005年同事務所シカゴオフィスにて勤務。2005年ニューヨーク州弁護士登録。米国FCPA等の汚職防止法、医薬・医療機器に関するコンプライアンス制度の構築。上場会社の不正・不祥事件調査に従事するとともに、国際的紛争解決・訴訟事件を中心に業務を行う。

  • シーメンス・ジャパン株式会社 リーガル&コンプライアンスリージョナル コンプライアンス オフィサー<br>高橋 重之 氏

    シーメンス・ジャパン株式会社 リーガル&コンプライアンスリージョナル コンプライアンス オフィサー
    高橋 重之 氏

    1994年に外資系医療機器メーカーに入社。学術部、海外赴任、技術企画マネージャー、技術部長、事業企画室長等を歴任。2007年に所属事業部のシーメンスグループへの統合プロジェクトマネージメントを経て、同年末より同事業部の事業企画室長とコンプライアンス オフィサーを併任、各種コンプライアンスプログラムの新規導入に携わる。2010年より現職、国内のシーメンスグループのコンプライアンス統括責任者となる。また、2011年より新規スタートした企業風土育成キャンペーンにおける「責任とインテグリティ」推進責任者も兼任する。

  • 株式会社UBIC 執行役員 テクノロジー部 部長<br>武田 秀樹

    株式会社UBIC 執行役員 テクノロジー部 部長
    武田 秀樹

    株式会社UBICで、電子証拠開示支援システム「Lit i View」(リット・アイ・ビュー)の開発の責任者として活動。数多くのeディスカバリが求められる事案対応を情報システム面でサポートすると共に、現場からの声をLit i Viewの開発に反映させている。また、統計分析やテキストマイニングに対する知見を基に、同社における研究開発の指揮も執っている。

  • 株式会社UBICリスクコンサルティング シニアリスクコンサルタント<br>岡田 大輔

    株式会社UBICリスクコンサルティング シニアリスクコンサルタント
    岡田 大輔

    2008年に株式会社UBIC入社。コンピュータフォレンジック技術を習得するとともに、公認不正検査士(CFE)の資格を有し、数多くの情報漏洩事案や紛争事案に従事。2011年4月に株式会社UBICリスクコンサルティングに、シニアコンサルタントとして移籍し現在も多様な不祥事案件の調査を指揮する中心的立場で活躍する。

企業概要

  • 株式会社UBIC

    株式会社UBICは、連邦海外腐敗行為防止法(FCPA)に関連する調査や国際的カルテル調査、PL訴訟、知財訴訟などで要求される電子データの証拠保全及び調査・分析を行うeディスカバリ事業(電子証拠開示支援事業)のほか、電子データ中心の調査を行なうコンピュータフォレンジック調査サービスを提供する、リーガルハイテクノロジー総合企業。アジア言語対応能力では世界最高水準の技術と、アジア圏最大の処理能力を有するラボを保有。2007年12月米国子会社を設立。アジア・米国双方からアジア企業関連の訴訟支援を実施。2009年末には企業内でも国際訴訟における電子証拠開示が可能な電子証拠開示支援システム「Lit i View」(リット・アイ・ビュー)を自社開発し、2011年10月からはクラウドサービスとして「UBICリーガルクラウドサービス」の提供を開始。

  • 株式会社UBICリスクコンサルティング

    2011年設立。高度なデジタル調査技術を持つ株式会社UBICと信頼性の高いアナログ調査技術を持つ株式会社JPリサーチ&コンサルティングがそれぞれの調査技術を融合させた組織であり、国内では類を見ない調査会社。高い調査技術のみならず、クライアントの真の目的を達成するため、収集した情報を戦略的に活用するノウハウを持ち合わせたプロフェッショナルなリスクコンサルティングファーム。

お問い合わせ

フォームからお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

03-5463-7577

株式会社FRONTEO リスクコンサルティング部