イベント・セミナー

  1. HOME
  2. イベント・セミナー
  3. 「オープンイノベーションを生き抜く国際訴訟対応」~シリコンバレーに学ぶ知財戦略~
TOKYO

「オープンイノベーションを生き抜く国際訴訟対応」~シリコンバレーに学ぶ知財戦略~

株式会社UBIC シンプソン・サッチャー・アンド・バートレット外国法事務弁護士事務所 共催/レクシスネクシス・ジャパン株式会社 後援

開催日
  • 05.16

ご来場誠にありがとうございました。

日時

2013/05/16(木) 14:00~(受付 13:30~ / 講演開始 14:00~ / セミナー終了予定 17:00)

会場

東京コンファレンスセンター品川  406号室

定員 100名(事前登録制:定員になり次第締め切らせていただきます。)
受講料 無料
対象 法務、知財、コンプライアンス部門、国際訴訟ご担当者様 他

タイムテーブル・講演内容お時間・内容が変更となることがございます。ご了承ください。

14:00~15:30
(逐次通訳付)

基調講演
「最新米国知財戦略:米国知財のトレンド分析と収益化戦略・訴訟の対応」

シンプソン・サッチャー・アンド・バートレット法律事務所
  • ジェフリー E. オストロー 弁護士
  • ハリソン J.(バズ)フラン 弁護士
  • パトリック E. キング 弁護士
15:30~15:40

休憩

15:40~17:00

パネルディスカッション&質疑応答

  • シンプソン・サッチャー・アンド・バートレット法律事務所 隈元 則孝 弁護士
  • 東京都市大学 客員教授 城 浩二氏
  • 株式会社UBIC 代表取締役社長 守本 正宏
  • 株式会社UBICパテントパートナーズ 代表取締役社長 白坂 一(モデレーター)

講演概要

現代の国際競争を生き抜くためには技術や事業の革新的な戦略が必要とされます。また、国際進出した企業は必ずと言っていいほど降りかかる訴訟のリスクを見据えた展開を考慮しなければなりません。本セミナーでは日米訴訟の専門弁護士、企業の戦略家、国際訴訟支援の専門家がそれぞれの観点で解説いたします。

基調講演

近年、米国特許法改正が施行され今までの特許に関する規制や定義が大きく変わりました。特許の収益化を図る事業の増加や企業間の知財取引、グローバルIPやサイバー政策への対応において法律の専門家が経験や技術的なアドバイス、戦略を求められる機会がますます増えています。

本基調講演では現代の知財業界における困難なリーガルチャレンジを解決するための方法について実践を踏まえた技術や知財訴訟を有利に進める戦略、IPに関する取引の際のリスクや解決法に焦点を当て説明いたします。

パネルディスカッション

自社の技術力だけに頼らず、他社や外部研究機関との連携から革新的な製品やビジネスを産み出すーオープンイノベーションは産業が成熟しつつある業界では企業の競争力に重要な意味合いを持った戦略として浸透しつつあります。

しかしながら現代の潮流でもあるM&Aや経営統合における事業の多角化や技術競争力の向上は時として米国からの訴訟の標的とされるリスクも発生させます。

本パネルディスカッションでは米国企業の戦略、M&Aと国際訴訟を勝抜く術を軸に各専門家の観点から日本企業に必要とされる戦略について解説いたします。

講師&パネリスト

シンプソン・サッチャー・アンド・バートレット法律事務所

1884年創立の米国及び世界を代表する国際的な法律事務所。850名を超える弁護士が在籍。本部のニューヨーク及び米国内のパロアルト、ロサンゼルス、ワシントンD.C.、ヒューストンの他、東京、ロンドン、サンパウロ、香港、北京及びソウルと世界の主要な国際金融都市にオフィスを配し、その連携のもと、高度な法的アドバイス及び迅速な法律関連サービスを世界中の顧客に提供。
  • ジェフリー E. オストロー 弁護士

    ジェフリー E. オストロー 弁護士

    シンプソン・サッチャー・アンド・バートレット法律事務所 西海岸知的財産グループの代表および西海岸訴訟部門共同代表(パロアルトオフィス所属)。20年以上に渡り、Intel、HP、Cisco、Apple等を含むテクノロジー企業の知財訴訟に従事。また、多様なディールストラクチャーにおける複雑な知財問題についてクライアント企業に助言を行う。スタンフォード大学ロースクールでの講師や教鞭経験を持つ。現在はカリフォルニア大学バークレー校ロースクールにて知財戦略についての講義を行う。

  • ハリソン J.(バズ)フラン 弁護士

    ハリソン J.(バズ)フラン 弁護士

    シンプソン・サッチャー・アンド・バートレット法律事務所の訴訟部門のパートナー弁護士(パロアルトオフィス所属)。訴訟部門に在籍し、知財案件および独占禁止法案件を担当する。Apple、Cisco、Intel、Qualcomといったハイテク業界を代表する企業の代理人を務め、日本企業については第一製薬(現.第一三共)やエルピーダメモリ等に助言を行った。北カリフォルニアにおけるトップ知財訴訟弁護士としてSuper Lawyers誌に選出されている。

  • パトリック E. キング 弁護士

    パトリック E. キング 弁護士

    シンプソン・サッチャー・アンド・バートレット法律事務所の訴訟部門のパートナー弁護士(パロアルトオフィス所属)。知財訴訟、複雑な商事訴訟、国際仲裁を中心とした業務を専門とする。主に技術分野を専門とした特許訴訟に従事し、これまで国内外の訴訟および国際仲裁において、Apple、Verizon、 Intel、Cisco、日本企業においてはNECに代表される大企業の代理人を務める。

  • 隈元 則孝 弁護士

    隈元 則孝 弁護士

    シンプソン・サッチャー・アンド・バートレット法律事務所のアジア訴訟グループのメンバー(東京 オフィス所属)。ニューヨーク州弁護士。日本長期信用銀行(現.新生銀行)およびみずほコーポレート銀行において日・米の銀行業務に従事したのち、入所。国際訴訟及び政府当局調査において日本企業を代理し支援を行う一方、M&A及び資本市場関連の法務アドバイスも行っている。

  • 東京都市大学 客員教授 城 浩二 氏

    東京都市大学 客員教授 城 浩二 氏

    1968年、日本IBM入社後、技術部門、技術企画部門を経てIBM米国本社で4年間Technology及び製造部門の戦略等を担当。1988-1992年、半導体工場長、野州研究所長として主に日本IBMにてTechnology分野の責任者として米国IBMと協業。1992-2005年、インテル株式会社入社後、取締役 開発製造技術及び国際調達カントリーマネージャーを歴任。2005-現在、インテル株式会社退任後、コンサルタント及び東京都市大学客員教授として活躍中。

株式会社UBIC

国際的カルテル調査や知財訴訟などで要求される電子データの証拠保全及び調査・分析を行うeディスカバリ事業(電子証拠開示支援事業)のほか、電子データ中心の調査を行なうコンピュータフォレンジック調査サービスを提供する。アジア・米国双方からアジア企業関連の訴訟支援を実施する。また、電子証拠開示支援システム「Lit i View」(リット・アイ・ビュー)を自社開発し、2011年10月からはクラウドサービスとして「UBICリーガルクラウドサービス」の提供を開始。
  • 守本 正宏(代表取締役社長)

    守本 正宏(代表取締役社長)

    1989年防衛大学校卒業後、海上自衛隊に幹部通信士として任官。1990年海上自衛隊幹部候補生学校卒業後、1995年アプライドマテリアルズジャパン株式会社入社。2003年8月に株式会社UBICを設立し代表取締役社長に就任。2007年6月東証マザーズに上場。2011年2月UBIC North America, Inc. 代表取締役会長兼CEO就任。公認不正検査士(CEF)、NPOデジタル・フォレンジック研究会理事。

株式会社UBICパテントパートナーズ

株式会社UBICパテントパートナーズは、M&A支援、知的財産権の譲渡・ライセンス交渉支援、知的財産権の活用支援、特許調査・技術調査、パテントトロール対策支援を提供。
  • 白坂 一(代表取締役社長)

    白坂 一(代表取締役社長)

    弁理士、1級知的財産管理技能士(旧知財検定1級)、知的財産管理技能検定 指定試験機関技能検定委員、同台経済懇話会各期委員担当。2011年4月に白坂国際特許事務所を開設する。2012年より株式会社UBICパテントパートナーズの代表取締役社長に就任。2010年8月より、国家試験 知的財産管理技能検定の技能検定委員。日本弁理士会 総合政策企画運営委員会、知的財産価値評価推進センターにて活動。

お問い合わせ

フォームからお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

03-5463-7577

株式会社FRONTEO リスクコンサルティング部