イベント・セミナー

  1. HOME
  2. イベント・セミナー
  3. 「FCPAへの対処~もしも召喚状が届いたら?~」
TOKYO

「FCPAへの対処~もしも召喚状が届いたら?~」

Morgan, Lewis&Bockius/UBIC共催

開催日
  • 11.07

ご来場誠にありがとうございました。

日時

2013/11/07(木) 13:30~(受付 13:00~ / 講演開始 13:30~ / 終了予定 17:00)

会場

大手町ファーストスクエアカンファレンス  RoomA

定員 100名(事前登録制:定員になり次第締め切らせていただきます。)
受講料 無料
対象 法務部・コンプライアンス部門・国際訴訟ご担当者様 他

タイムテーブル・講演内容お時間・内容が変更となることがございます。ご了承ください。

13:30~14:00

「ディスカバリのコスト構造と見積書の落とし穴~知らないとコスト増大?~」

株式会社UBIC
執行役員 白井 喜勝
  • ディスカバリにおけるコスト構造
  • 見積書の必須チェック事項
14:00~17:00
(逐次通訳付き)
(Q&A含む)

「FCPAへの対処~もしも召喚状が届いたら?~」

Morgan, Lewis&Bockius LLP
Christopher J. Banks弁護士、 Rollin B.hippey弁護士、
Daniel Levin弁護士, Benjamin P. Smith弁護士
  • 贈賄を防ぐための社内体制構築
  • 米国犯罪取締機関によるFCPA執行のトレンド
  • 訴追よりも、いかにFCPA捜査に対処するか
  • 講演の途中で休憩が入ります

講演概要

近年、FCPAに関する米国管轄権の拡大も影響し、日本企業をはじめとする外国企業がFCPAにより摘発されるリスクがますます高まっています。このような状況を鑑み、Morgan Lewis法律事務が米国当局から召喚状を受け取ってしまった場合の対処法に焦点をあてて講演致します。また、UBICからは米国訴訟において最も費用がかかるディスカバリのコストについて、その構造と見積書の必須確認事項などについて解説致します。

スピーカー紹介

Morgan, Lewis&Bockius LLP

米国、アジア、欧州、中東に25のオフィスを有する国際的な法律事務所。幅広い訴訟対応をはじめ、ホワイトカラー刑事弁護、取引法、規制法、知的財産法等に関するあらゆる法的サービスを提供。50ヶ国以上の国々においてFCPAのリスクアセスメントや内部調査を実施しており、ホワイトカラー刑事弁護チームには多数の元連邦検事や元大統領法律顧問等、要職経験者が所属する。
  • Christopher J. Banks弁護士(パートナー、サンフランシスコオフィス)

    Christopher J. Banks弁護士(パートナー、サンフランシスコオフィス)

    訴訟部門に所属するパートナー。商事訴訟やホワイトカラー犯罪調査において、多数の日米のIT企業、バイオ企業の代理を務めた経験を有する。カリフォルニア州のスーパーロイヤー及び同州の40歳以下のトップ20弁護士に選出される。また2011年、旭化成ファーマがスイスの製薬会社から4億1,500万ドルを勝ち取った裁判に対し、法律系メディア「The Recorder」においてChippey弁護士、Smith弁護士と共に「Attorney of the Year」に選出された。

  • Rollin B. Chippey、Ⅱ弁護士(パートナー、サンフランシスコオフィス)

    Rollin B. Chippey、Ⅱ弁護士(パートナー、サンフランシスコオフィス)

    訴訟部門に属するパートナー。テクノロジー業界、製薬業界等の商事紛争において数十年の経験を有する。「Law Dragon」において、最も影響力のある弁護士500人のうちの1人に称される他、カリフォルニア州のスーパーローヤーにも選出される。2011年、旭化成ファーマの訴訟代理人を務めたことに対し、Banks弁護士、Smith弁護士と共に「The Recorder」より「Attorney of the Year」に選出される。

  • Daniel Levin弁護士(パートナー、ワシントンD.C.オフィス)

    Daniel Levin弁護士(パートナー、ワシントンD.C.オフィス)

    訴訟部門に所属するパートナー。犯罪調査、民事事件調査、企業内調査等、多くのFCPAに関連する案件の代理人を務める。また、過去には大統領のシニアアソシエイトカウンセル、米国司法長官のアドバイザー、国家安全保障会議のリーガルアドバイザー、FBI長官の補佐官等、米国連邦政府において多数の上級職を務めた経験を有する

  • Benjamin P. Smith弁護士(パートナー、サンフランシスコオフィス)

    Benjamin P. Smith弁護士(パートナー、サンフランシスコオフィス)

    訴訟部門に所属するパートナー。旭化成ファーマをはじめとする日本や米国の製薬会社の訴訟について豊富な専門知識を有する。2011年、「The Recorder」より「Attorney of the Year」に選出された他、同年、Law360における、Morgan Lewisの「Intellectual Property Litigation Group of the Year」受賞に貢献した。

株式会社UBIC

株式会社UBICは、連邦海外腐敗行為防止法(FCPA)に関連する調査や国際的カルテル調査、PL訴訟、知財訴訟などで要求される電子データの証拠保全及び調査・分析を行うeディスカバリ事業(電子証拠開示支援事業)のほか、電子データ中心の調査を行なうコンピュータフォレンジック調査サービスを提供する、リーガルハイテクノロジー総合企業。アジア言語対応能力では世界最高水準の技術と、アジア圏最大の処理能力を有するラボを保有。
  • 白井 喜勝(執行役員)

    白井 喜勝(執行役員)

    2007年株式会社UBIC入社。企業のコンプライアンス支援としてコンピュータフォレンジックを活用した機密情報漏えいや不正会計などの内部犯罪調査・監査のためのソリューションを提供している。さらに米国などの訴訟時に必要な電子情報開示に関する支援(eディスカバリ)も業務として行っており、不正調査から訴訟支援まで広く情報リスクに関する企業防衛のための戦略予防法務支援サービスを提供している。

お問い合わせ

フォームからお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

03-5463-7577

株式会社FRONTEO リスクコンサルティング部