イベント・セミナー

  1. HOME
  2. イベント・セミナー
  3. 国際仲裁にかかわる戦略及び実務 -東京開催-
TOKYO

国際仲裁にかかわる戦略及び実務 -東京開催-

シンプソン・サッチャー・アンド・バートレット法律事務所 / 株式会社UBIC 共催

開催日
  • 01.31

ご来場誠にありがとうございました。

日時

2014/01/31(金) 14:00~17:00(13:30より受付開始)

会場

大手町ファーストスクエアカンファレンス  Room D

定員 60名
受講料 無料
対象 企業の法務、知財、コンプライアンス部門、国際訴訟ご担当者様

タイムテーブル・講演内容お時間・内容が変更となることがございます。ご了承ください。

14:00~14:05

開会のご挨拶

14:05~14:35

「eディスカバリのコスト削減を実現するテクノロジーとその効果」
株式会社UBIC 大西 謙二

14:35~14:45 休憩
14:45~17:00
(質疑応答を含む)
「国際仲裁にかかわる戦略及び実務
シンプソン・サッチャー・アンド・バートレット法律事務所
ロバート・H・スミット 弁護士
ピーター・C・トーマス 弁護士
ジャネット・ウィッタカー 弁護士
隈元 則孝 弁護士

※英語講演は逐次通訳の用意がございます
※ニューヨーク州・カリフォルニア州のContinuing Legal Education(CLE)の単位取得が可能です。
  •  

講演概要

世界中の企業が紛争解決の有効な手段として国際仲裁を活用するようになっております。
本セミナーではシンプソン・サッチャーより弁護士をお迎えし、クロスボーダー取引から生じた紛争を国際仲裁で解決することの主な利点、及び、裁判所での訴訟よりも国際仲裁を選択すべき場面について解説いただきます。その際、国際仲裁のプロセスの概要(紛争の前段階、主張の申し立てから有利な仲裁判断の獲得まで)、並びに、仲裁合意及び仲裁判断を執行するための裁判所手続きをご説明いただきます。
また、国際仲裁において希望する結果を得るために重要となる事項への対処方法にかかわる戦略についてもご説明いただきます。
特に、仲裁人の選任に関する戦略的な側面(資質、人数、及びその他の戦術上の観点等)や選任のプロセス、国際仲裁における文書提出(相手方の文書開示の確保、自らの文書開示の制限、及び文書にかかわる論争に適切に対応するためのアプローチ等)、及び審問において目的を達成するための、国際仲裁における証拠開示にかかわる注意点(証人の反対尋問を含む)等を取扱います。
更に、近時シンプソン・サッチャーが取り扱った日系企業にかかわる大型紛争案件における成功例、及び、国際仲裁にかかわる法律及び実務の最近の重要な動向についても触れて頂きます。
UBICからはディスカバリにかかるコストをいかに削減させることができるか、最新テクノロジーのご紹介と共にご説明いたします。
皆様お誘い合わせの上、ご来場下さい。

スピーカー紹介

シンプソン・サッチャー・アンド・バートレット法律事務所

1884年創立の米国及び世界を代表する国際的な法律事務所。850名を超える弁護士が在籍。
本部のニューヨーク及び米国内のパロアルト、ロサンゼルス、ワシントンD.C.、ヒューストンの他、東京、ロンドン、サンパウロ、香港、北京及びソウルと世界の主要な国際金融都市にオフィスを配し、その連携のもと、高度な法的アドバイス及び迅速な法律関連サービスを世界中の顧客に提供。
  • ロバート・H・スミット 弁護士

    ロバート・H・スミット 弁護士

    シンプソン・サッチャーのパートナー弁護士(ニューヨークオフィス所属)。
    訴訟部門の国際仲裁・紛争解決業務の共同代表。
    北米、アジア及び南米で行われる「社運(もしくは国運)を賭けた」国際商事及び投資にかかわる仲裁において、主任弁護士、仲裁人及び専門家を頻繁に務めている。
    コロンビア大学ロースクールの国際仲裁の客員教授、国際商業会議所(ICC)の国際仲裁裁判所の米国の前メンバー、国際法曹協会(IBA)の国際仲裁委員会の副委員長及びその他の国際仲裁協会の会長。
    国際仲裁にかかわる事項に関しての講演及び執筆多数。また、多くの国際仲裁専門誌において国際仲裁における弁護の第一人者とされている。
  • ピーター・C・トーマス 弁護士

    ピーター・C・トーマス 弁護士

    シンプソン・サッチャーのパートナー弁護士(ワシントンDCオフィス代表)。
    訴訟部門の国際仲裁・紛争解決業務の共同代表。反トラスト法並びに国際商事及び投資協定の両仲裁を含む国際仲裁の分野において豊富な経験を有する。
    国際商業会議所(ICC)、国連国際商取引委員会(UNCITRAL)、ロンドン国際仲裁裁判所(LCIA)及びアメリカ仲裁協会の紛争解決国際センター(AAA/ICDR)の規則に基づく大型国際紛争において、主任弁護士を頻繁に務めている。
    外国の裁判所での手続きを支援するための米国における証拠開示にかかわる合衆国法典第1782条の適用を含め、国際紛争解決に関して多くの執筆がある。
    最近では、米国のメーカーに対する国際仲裁裁判所の仲裁案件で大手日系製薬会社の代理人を務めた。
    同仲裁では多くの事実証人及び専門家証人の証言を含む3回にわたる審理があり、クライアントである日本企業にとり大変望ましい仲裁判断を得た。
  • ジャネット・ウィッタカー 弁護士

    ジャネット・ウィッタカー 弁護士

    シンプソン・サッチャーのカウンセル弁護士(ワシントンDCオフィス所属)。
    米国内及び米国法・外国法に基づく米国外における国際紛争にかかわる仲裁及び訴訟において豊富な経験を有する。
    主要な国際仲裁規則に基づく国際商事及び投資協定の仲裁を取り扱う一方、国際仲裁契約など、紛争処理条項案の作成に関しクライアントに常時助言を行っている。
    投資家と国家間の投資協定紛争を解決するための主要な国際仲裁機関である投資紛争解決国際センター(ICSID)で法律顧問を務めた経験がある。
    スタンフォード大学ロースクールで国際仲裁を教え、複数の主要な国際仲裁協会の秘書役及びメンバーでもあった。国際仲裁及び国際法に関する事項について、講演及び執筆多数。
  • 隈元 則孝 弁護士

    隈元 則孝 弁護士

    シンプソン・サッチャーのアジア訴訟グループのメンバー(東京オフィス所属)。
    ニューヨーク州弁護士。日本長期信用銀行(現.新生銀行)およびみずほコーポレート銀行(現.みずほ銀行)において日・米の銀行業務に従事したのち、入所。
    国際訴訟、仲裁及び政府当局調査において日本企業を代理し支援を行う一方、M&A及び資本市場関連の法務アドバイスも行っている。
    政府当局調査及び米国訴訟に関わる講演及び執筆多数。

株式会社UBIC

株式会社UBICは、連邦海外腐敗行為防止法(FCPA)に関連する調査や国際的カルテル調査、PL訴訟、知財訴訟などで要求される電子データの証拠保全及び調査・分析を行うeディスカバリ事業(電子証拠開示支援事業)のほか、電子データ中心の調査を行なうコンピュータフォレンジック調査サービスを提供する、リーガルハイテクノロジー総合企業。
アジア言語対応能力では世界最高水準の技術と、アジア圏最大の処理能力を有するラボを保有。 
  • 株式会社UBIC 大西 謙二

    株式会社UBIC 大西 謙二

    • 外資系コンサルティング会社、知財コンサルティング会社を経てUBICに入社。
      その幅広い経験と専門知識を活かし、現在はディスカバリ・フォレンジックツールを用いた企業や弁護士事務所へのソリューション提案を行う。
      さらに米国などの訴訟時に必要な電子情報開示に関する支援(eディスカバリ)も業務として行っており、不正調査から訴訟支援まで広く情報リスクに関する企業防衛のための戦略予防法務支援サービスを提供している。

お願い

  • カメラ/ビデオ/テープレコーダーなど記録機器の持ち込みはご遠慮ください。
  • 会場内でのPC/携帯電話のご使用はお控えください。
  • 競業する企業様のご参加は、お断りする場合がございます。
  • 予告なく内容を変更する場合がございますのでご了承ください。

お問い合わせ

フォームからお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

03-5463-7577

株式会社FRONTEO リスクコンサルティング部