イベント・セミナー

  1. HOME
  2. イベント・セミナー
  3. 米国における知的財産分野と反トラスト法のトレンド ~知財訴訟の最新事例と競争法のグローバリゼーション~
TOKYO

米国における知的財産分野と反トラスト法のトレンド ~知財訴訟の最新事例と競争法のグローバリゼーション~

ポールヘイスティングス法律事務所 / 株式会社UBIC 共催

開催日
  • 02.28

ご来場誠にありがとうございました。

日時

2014/02/28(金) 13:30~17:15(13:00より受付開始)

会場

AP東京八重洲通り  13階 Bルーム

定員 60名
受講料 無料
対象 企業の法務、知財、コンプライアンス部門、国際訴訟ご担当者様

タイムテーブル・講演内容お時間・内容が変更となることがございます。ご了承ください。

13:30 ~ 14:00

知財訴訟におけるPredictive Codingの有用性
~レビューのコストダウンを実現した新技術~

株式会社UBIC 大西 謙二

14:00 ~ 14:05

休憩

14:05 ~ 15:35 米国知的財産分野における最新事例と動向
ポールヘイスティングス法律事務所 ロバート・M・マスターズ弁護士
15:35 ~ 15:45 休憩
15:45 ~ 17:15 反トラスト法のグローバリゼーション:2014年の競争法について
ポールヘイスティングス法律事務所 アンドレアス・スターガード弁護士

※英語講演は逐次通訳の用意がございます

講演概要

本セミナーは毎年ご好評をいただいておりますポールヘイスティングス法律事務所よりロバート・マスターズ弁護士をお招きして知的財産のご講演を、また新たに同事務所よりアンドレアス・スターガード弁護士をお迎えし反トラスト法についてご講演いただきます。
事務所の知的財産グループのヴァイスチェアでもあるマスターズ弁護士からは2013年のハイライトおよび最新情報を、事例のご紹介を通してご説明いただきます。最高裁と巡回裁判所における係争中の訴訟にも触れていただき、今後注目すべき事例についても解説いただきます。また、知的財産業界における市場動向やキーとなる法案におけるトレンドについてもご説明いただきます。
一方、スターガード弁護士からは世界中で急激に展開される反トラスト法の管理体制を中心に、海外にビジネス展開をする日本企業に及ぼす影響についてご説明いただきます。また、欧州ならびに米国をはじめとする諸外国の競争法について焦点を当て2014年に注目すべき点についても解説いただきます。
UBICからはディスカバリにかかるコストをいかに削減させることができるか、最新テクノロジーのご紹介と共にご説明いたします。
皆様お誘い合わせの上、是非ご来場ください。

スピーカー紹介

ポールヘイスティングス法律事務所

世界最大手の金融機関およびフォーチュングローバル企業500社にランク入りする多数の企業を顧客に持つ国際的な法律事務所。アメリカをはじめアジア、ヨーロッパ、南米にオフィスを構え世界的な事業展開を行っている。The American Lawyer’s のA-Listにおいてアメリカで最も成功した法律事務所の2位に輝く。

  • ロバート・M・マスターズ 弁護士

    ロバート・M・マスターズ 弁護士

    ポールヘイスティングス法律事務所、ワシントンDCオフィスのパートナー弁護士。
    100人以上の専門弁護士を擁する知的財産部門のグローバルヴァイスチェアを務めると共に同事務所の訴訟部門を率いる
    特許と企業秘密に関する訴訟においてリードトライアルロイヤーとして多数の案件に従事する。
    種々の技術を代表する大企業の弁護経験が豊富で、その分野はコンピューター・ハード/ソフトウェア、通信、医療機器、スポーツ製品と多岐に渡る。多数の国際訴訟を成功に導く。

  • アンドレアス・スターガード 弁護士

    アンドレアス・スターガード 弁護士

    ポールへイスティングス法律事務所、ブリュッセルオフィスのパートナー弁護士。
    独占禁止法・国際競争法グループに所属。ブリュッセルとワシントンDCを拠点に欧州競争法に従事する。
    戦略的なアドバイスを通してクライアントの支援を行う。その内容は競争法とそれに関連するグローバルの合併手続き
    から法廷、欧州委員会での紛争の助言まで多岐に渡る。特に反トラスト法の刑事責任や知的財産と反トラスト法に関するライセンシングをはじめとする問題のアドバイスの経験が豊富。アフリカ大陸で増え続ける反トラスト法規制において現地パートナーと共にリーガルアドバイスを提供する等、ワールドワイドに活躍する。

株式会社UBIC

株式会社UBICは、連邦海外腐敗行為防止法(FCPA)に関連する調査や国際的カルテル調査、PL訴訟、知財訴訟などで要求される電子データの証拠保全及び調査・分析を行うeディスカバリ事業(電子証拠開示支援事業)のほか、電子データ中心の調査を行なうコンピュータフォレンジック調査サービスを提供する、リーガルテクノロジー企業。アジア言語対応能力では世界最高水準の技術と、アジア圏最大の処理能力を有するラボを保有。 

  • 株式会社UBIC 大西 謙二

    株式会社UBIC 大西 謙二

    • 外資系コンサルティング会社、知財コンサルティング会社を経てUBICに入社。
      その幅広い経験と専門知識を活かし、現在はディスカバリ・フォレンジックツールを用いた企業や弁護士事務所へのソリューション提案を行う。
      さらに米国などの訴訟時に必要な電子情報開示に関する支援(eディスカバリ)も業務として行っており、不正調査から訴訟支援まで広く情報リスクに関する企業防衛のための戦略予防法務支援サービスを提供している。

お願い

  • カメラ/ビデオ/テープレコーダーなど記録機器の持ち込みはご遠慮ください。
  • 会場内でのPC/携帯電話のご使用はお控えください。
  • 競業する企業様のご参加は、お断りする場合がございます。
  • 予告なく内容を変更する場合がございますのでご了承ください。

お問い合わせ

フォームからお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

03-5463-7577

株式会社FRONTEO リスクコンサルティング部