イベント・セミナー

  1. HOME
  2. イベント・セミナー
  3. 最新米国リーガル情報の把握 ~米国特許訴訟における特許権と独禁法の交差と仲裁対応について~
TOKYO

最新米国リーガル情報の把握 ~米国特許訴訟における特許権と独禁法の交差と仲裁対応について~

Baker Botts LLP / 株式会社UBIC 共催

開催日
  • 05.16

ご来場誠にありがとうございました。

日時

2014/05/16(金) 10:00~16:45 (9:30より受付開始)

会場

AP東京八重洲通り  Bルーム

定員 60名
受講料 無料
対象 企業の法務、知的財産部門、国際訴訟ご担当者様

タイムテーブル・講演内容お時間・内容が変更となることがございます。ご了承ください。

10:00 ~ 10:10

開会のご挨拶

10:10 ~ 11:40

米国特許訴訟における最新動向と対策
Neil P. Sirota 弁護士

11:40 ~ 13:00 昼食休憩
13:00 ~ 14:30

独禁法、特許法の共通事案に関する最新情報の把握
Thomas Dillickrath 弁護士
*講師に変更がございます。ご了承ください。

14:30 ~ 14:40 休憩
14:40 ~ 15:10 国際訴訟を有利に進める最先端技術とは
株式会社UBICパテントパートナーズ 代表取締役社長 白坂 一
15:10 ~ 15:15 休憩
15:15 ~ 16:45

仲裁の合意について:
効果的な仲裁条項に関するヒント
Ryan E. Bull 弁護士


※逐次通訳のご用意がございます。
※ニューヨーク州・カリフォルニア州のCLE単位の取得が可能です。

講演概要

本セミナーでは、Baker Bottsより特許を専門とするNeil P. Sirota 弁護士、反トラスト法と競争法を専門とするThomas Dillickrath 弁護士、仲裁から米国訴訟にいたるまで国際紛争解決を専門とするRyan E. Bull 弁護士の3名が、各専門分野について講演いたします。

第一講演では、多発する特許訴訟の企業負担を軽減するための対策についてお話いたします。米国特許商標庁の特許付与後の異議申立手続きをはじめ、特許訴訟の合理化を目的とした主要な特許訴訟の場での判事の手続や現地のルール、さらに「パテントトロール」削減のための法制度を含む米国特許訴訟に関する最新情報もご説明いたします。

第二講演では、独禁法、特許法の共通事案に関する最新情報の把握と題し、お話いたします。米国司法省と連邦取引委員会のいずれも多くの時間を費やし注力している標準化、規格必須特許、特許ライセンス、特許不実施主体(NPE)、訴訟についても触れながら、競争法の役割についてご説明いたします。

第三講演では、仲裁を効果的に進めるためのポイントについてお話しいたします。予期しない結果と費用を招く紛争解決案にありがちな問題点について解説いたします。仲裁地を選ぶ際に考慮すべき点や仲裁におけるディスカバリプロセスの戦略についても触れ、複数の当事者間の事前の紛争対処、仲裁人の権限の定義についてもご説明いたします。

UBICからは訴訟に巻き込まれた有事の際に企業が最も懸念する、訴訟にかかる費用や時間の削減を可能にする最先端技術と、平時の知財リスク軽減に関する技術についてご説明いたします。

皆様の一助となれば幸いと存じますので、奮ってご参加ください。

スピーカー紹介

Baker Botts LLP

ベイカー・ボッツLLPは、約700人の弁護士が所属し、世界各国15ヶ所にオフィスを持つ国際的な法律事務所。幅広い経験と専門知識に基づき、エネルギー関連、専門技術、生命科学分野でリードする事務所として知られている。
また世界中で大型案件を抱え、輝かしい実績を有しており、170年の歴史を通して創造的かつ効果的な法的手段をクライアントに提供している。

  • Neil P. Sirota 弁護士(パートナー)

    Neil P. Sirota 弁護士(パートナー)

    特許の有効性・侵害性の主張、特許審査および特許調達戦略やライセンスなどの知的財産権問題に関するカウンセリングを専門とする。また、商標権をめぐる係争やトレードドレス、著作権に関する訴訟経験を多く持つ。特許実務経験は20年以上にわたり、国際貿易委員会や連邦巡回控訴裁判所と同様のさまざまな地区裁判を含む連邦地方裁判所で訴訟を担当するだけでなく、高度な先進技術知識を要する特許訴訟も多く担当している。訴訟実務として、当事者系レビュー(IPR)を含むUSPTOにおける異議申立も担当している。

  • Thomas Dillickrath 弁護士(パートナー)

    Thomas Dillickrath 弁護士(パートナー)

    反トラスト法と競争法を専門とするパートナー弁護士。
    ハイテクノロジー、通信業界に関連する訴訟を主に担当している。マイクロプロセッサにおける訴訟も担当し、AMDや米連邦取引委員会をはじめとするさまざまな申し立てに対しインテルの代理として主要メンバーを務める。また、反トラスト法と特許法のインターフェースにかかわる事案も多く携わり、他にもUSTやヘクセル・コーポレーション、アメリカン航空を含む多くの重要案件を担当する。

  • Ryan E. Bull 弁護士(パートナー)

    Ryan E. Bull 弁護士(パートナー)

    仲裁から米国訴訟にいたるまで国際紛争解決を専門とする。アメリカ、ロシア、中国、フランス、韓国の主要な大手企業の代理を務め、産業仲裁に積極的に携わる。米国裁判や控訴裁判所にて国際的産業法律問題を幅広く担当している。ロシア語が堪能。1994年から1997年までウクライナにて、様々な産業分野の中規模および大規模な企業の民営化にかかわる経営コンサルタントとして従事。

株式会社 UBICパテントパートナーズ

株式会社UBICパテントパートナーズ は、M&A支援、知的財産権の譲渡・ライセンス交渉支援、知的財産権の活用支援、特許調査・技術調査、パテントトロール対策支援を提供しております。
また、親会社である株式会社UBICは、国際的カルテル調査や知財訴訟などで要求される電子データの証拠保全及び調査・分析を行うeディスカバリ事業(電子証拠開示支援事業)のほか、電子データ中心の調査を行なうコンピュータフォレンジック調査サービスを提供しています。2013年5月17日、米国NASDAQ OMX Global Marketに上場し、翌2014年1月2日に同市場のGlobal Select Marketに昇格いたしました。

  • 白坂 一 代表取締役社長

    白坂 一 代表取締役社長

    弁理士、1級知的財産管理技能士。
    2010年8月より、国家試験 知的財産管理技能検定の技能検定委員や日本弁理士会 総合政策企画運営委員会 知的財産価値評価推進センターなどでも活動を行う。
    2003年~2011年3月富士フイルム株式会社に勤務。2011年4月に白坂国際特許事務所を開設。
    2012年より株式会社UBICパテントパートナーズの代表取締役社長に就任し、eDiscoveryコンサルタントとして、大手家電メーカーや、製薬会社などの日本企業の米国知財訴訟を数多く経験。
    自身でも特許事務所を経営しており、出願のみならず、国内での訴訟も担当している。

お願い

  • カメラ/ビデオ/テープレコーダーなど記録機器の持ち込みはご遠慮ください。
  • 会場内でのPC/携帯電話のご使用はお控えください。
  • 競業する企業様のご参加は、お断りする場合がございます。
  • 予告なく内容を変更する場合がございますのでご了承ください。

お問い合わせ

フォームからお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

03-5463-7577

株式会社FRONTEO リスクコンサルティング部