イベント・セミナー

  1. HOME
  2. イベント・セミナー
  3. 欧州・米国知財訴訟のトレンド
OSAKA

欧州・米国知財訴訟のトレンド

Birch, Stewart, Kolasch & Birch, LLP / REGIMBEAU / 株式会社UBICパテントパートナーズ 共催

開催日
  • 10.15

ご来場誠にありがとうございました。

日時

2014/10/15(水) 13:30~19:00 (13:00より受付開始)

会場

ハートンホテル北梅田  こがね1+2

受講料 無料
対象 企業の知財部、法務部、国際訴訟ご担当者様

タイムテーブル・講演内容お時間・内容が変更となることがございます。ご了承ください。

13:30 ~ 14:15

Alice Corp. Ltd. v. CLS Bank Corp.事件の米最高裁判決が及ぼす影響
チャッド・ビリングス弁護士

14:15 ~ 14:20

休憩

14:20 ~ 15:05

Myriad事件の米最高裁判決におけるバイオ関連特許の方法クレームについて

マーク・ワイナー弁護士

15:05 ~ 15:10 休憩
15:10 ~ 15:55

米国特許法271条(b)項に基づく特許侵害の誘導に対する責任について

メアリーアン・アームストロング弁護士(生化学博士)

15:55 ~ 16:40

最新Legal Technologyを用いた企業競争力を高める知財戦略アプローチ

株式会社UBICパテントパートナーズ 代表取締役社長 白坂 一

16:40 ~ 16:50 休憩
16:50 ~ 17:35

欧州における国際訴訟に備える際の考慮すべき点と戦略

ジェローム・コリン弁護士

17:35 ~ 19:00

懇親会
~ 軽食、お飲物もご用意いたしますので、是非お気軽にご参加ください。 ~


※英語講演には逐次通訳がございます。

講演概要

国際的にも有名な米国の知的財産法律事務所の一つであるBirch, Stewart, Kolasch & Birch, LLPと、欧州を代表する法律事務所REGIMBEAUより講師をお招きし、ご講演いただきます。

はじめに、チャッド・ビリングス弁護士よりAlice Corp. Ltd. v. CLS Bank Corp.事件最高裁判決が及ぼす影響と題し、ご講演いただきます
マーク・ワイナー弁護士から米最高裁判決がMyriadの遺伝子特許を有効とした事案におけるバイオ関連特許方法クレームについて、ご説明いただきます。米国特許法101条に基づき、特許適格性を審査する際の新たなガイドラインについて詳しく解説いただきます。
また、メアリーアン・アームストロング弁護士よりAkamai Technologies v. Limelight Networks, Inc.事件の最高裁判決で下された、米国特許法271(b)項に基づく特許侵害の誘導に対する責任について、ご講演いただきます。米国特許法271(a)項による、直接侵害を犯していなくても米国特許法271(b)項に基づく特許侵害を誘発した責任に問われる可能性があるかどうか、Limelight Networks, Inc.の決定についても詳しくご説明いただきます。
一方、REGIMBEAUのジェローム・コリン弁護士からは、欧州における国際訴訟に備える際の考慮すべき点と戦略についてご説明いただきますEU諸国での訴訟、主にフランスでの訴訟時に焦点を当て、そういった証拠を得るまでの経緯と戦略ついて解説いただきます。また、裁判所への証拠提出する際のフランスでの事例の影響を受け、その事例を基に定められたUPC規則についても詳しくご説明いただきます。

UBICパテントパートナーズの白坂 一より、最新のリーガルテクノロジーを用いた企業競争力を高める知財戦略アプローチと題し、講演いたします。
皆様のビジネスの一助となりますようお誘い合わせの、是非ご参加ください

スピーカー紹介

Birch, Stewart, Kolasch & Birch, LLP

Birch, Stewart, Kolasch & Birch, LLP (BSKB)は国際的に有名な知的財産法律事務所です。1976年に設立され、化学、エレクトロニクス、情報技術、生命科学、機械工学の分野で世界をリードする企業へのIPサービス全般を提供しています。事務所の弁護士は、特許審査、付与後のレビュー、訴訟、商標の問題に関与するクライアントなどを主に担当しております。

  • マーク・ワイナー弁護士

    マーク・ワイナー弁護士

    30年に渡り、知的財産分野において主に化学、バイオテクノロジー、機械特許を専門に活躍するパートナー弁護士。膨大な数の出願や、世界中の様々な特許ポートフォリオの管理をしており、特許干渉や再審査など、様々なクライアントを担当する。また、クライアントへの適切なアドバイス、意見や分析事項などの準備 や、特許の有効性と侵害の問題の解決に関して高い信頼を得ており、専門分野は、化学、有機化学、バイオテクノロジー、医薬品、 製鋼、化学、機械工学等、多岐に及ぶ。米国特許制定法に関する講演 および判例法の進展について定期的に国際的に講演も行っており、複数のGlobal 500を含む大規模な企業を担当している。

  • チャッド・ビリングス弁護士

    チャッド・ビリングス弁護士

    15年以上知的財産分野で活躍するパートナー弁護士。BSKB入所前は、USPTOで特許審査官として勤務。主に電気的および機械技術分野を担当し、半導体、無線システムデータベース構造、画像処理、ビデオ/オーディオデータの補正、暗号化およびストレージ ナビゲーション用デバイス、ディスプレイプラットフォーム、MEMS技術、ソフトウェア、一般的なハードウェアデバイスなど、幅広い技術経験を持つ。権利化、意見解説、訴訟だけでなく、MPEG-2、MPEG-4、ATSCやブルーレイの技術など様々な業界の特許の戦略・立案および獲得も担当している。

  • メアリーアン・アームストロング弁護士(生化学博士)

    メアリーアン・アームストロング弁護士(生化学博士)

    ペンシルバニア州立大学卒、生化学博士号を取得。コーネル大学にて免疫学で修士号も取得。実験免疫学、国立癌研究所、アメリカ国立衛生研究所の研究室での博士研究員として勤務する。1995年以降、大企業、中小企業問わず、また大学にて医療、免疫学、薬化学、バイオテクノロジー、有機化学、分析(アッセイ)、薬物スクリーニングシステム、医療機器、植物特許の知的財産分野における特許出願準備および審査を担当。クライアントカウンセリングだけでなく、特許性に関する分析も行っており、ライセンス契約や提携契約の準備も担当とするパートナー弁護士。特許と米国食品医薬品局(FDA)に関する講演も世界各国で行っており、2012年、2013年にはLife Science Star(生命科学の星)と収載される。アメリカ化学会の化学療法センター部門にて過去に議長も経験している。

REGIMBEAU

80年もの間REGIMBEAUは、革新および創造の保護、開発、擁護また強化支援をしており、公的機関や民間企業問わずビジネスやプロジェクトに関わるサポートをしており、12名のパートナー弁護士は、知的財産戦略における経験豊富な200名のチームを導いております。

  • ジェローム・コリンズ弁護士

    ジェローム・コリンズ弁護士

    REGIMBEAUの国際実務担当のパートナー弁護士。ヨーロッパを代表する知財を主とする法律事務所の一つであるREGIMBEAUは、毎年フランスの特許訴訟案件の10%を占める割合で担当し、定期的に欧州での訴訟に関与している。欧州特許庁において手続きに関する豊富な経験を持ち、また定期的に審判部および異議部における口頭審理も行う。技術移転、紛争および訴訟に係る支援、合併・買収を含む知財戦略に関し助言している。 現在、国際弁理士連盟にて国際特許事項に関する研究会のレポーターも務めており、対欧州特許庁代理人協会(EPI)教育機関のフランスを代表する存在である。FICPI、エピ、AIPPI、LES、CNCPIのメンバー。毎年定期的に来日し、講演等も行っている。

株式会社 UBICパテントパートナーズ

株式会社UBICパテントパートナーズ は、M&A支援、知的財産権の譲渡・ライセンス交渉支援、知的財産権の活用支援、特許調査・技術調査、パテントトロール対策支援を提供しております。また、親会社である株式会社UBICは、国際的カルテル調査や知財訴訟などで要求される電子データの証拠保全及び調査・分析を行うeディスカバリ事業(電子証拠開示支援事業)のほか、電子データ中心の調査を行なうコンピュータフォレンジック調査サービスを提供しています。2013年5月17日、米国NASDAQ OMX Global Marketに上場し、翌2014年1月2日に同市場のGlobal Select Marketに昇格いたしました。

  • 白坂 一 代表取締役社長

    白坂 一 代表取締役社長

    弁理士、1級知的財産管理技能士。2010年8月より、国家試験 知的財産管理技能検定の技能検定委員や日本弁理士会 総合政策企画運営委員会 知的財産価値評価推進センターなどでも活動を行う。2003年~2011年3月富士フイルム株式会社に勤務。2011年4月に白坂国際特許事務所を開設。2012年より株式会社UBICパテントパートナーズの代表取締役社長に就任し、eDiscoveryコンサルタントとして、大手家電メーカーや、製薬会社などの日本企業の米国知財訴訟を数多く経験。自身でも特許事務所を経営しており、出願のみならず、国内での訴訟も担当している。

お願い

  • カメラ/ビデオ/テープレコーダーなど記録機器の持ち込みはご遠慮ください。
  • 会場内でのPC/携帯電話のご使用はお控えください。
  • 競業する企業様のご参加は、お断りする場合がございます。
  • 予告なく内容を変更する場合がございますのでご了承ください。

お問い合わせ

フォームからお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

03-5463-7577

株式会社FRONTEO リスクコンサルティング部