イベント・セミナー

  1. HOME
  2. イベント・セミナー
  3. 米国特許訴訟の実務 ~訴訟戦略と標準化戦略~
TOKYO

米国特許訴訟の実務 ~訴訟戦略と標準化戦略~

シンプソン・サッチャー・アンド・バートレット法律事務所 / UBIC 共催

開催日
  • 10.16

ご来場誠にありがとうございました。

日時

2014/10/16(木) 13:30~17:00 (13:00より受付開始)

会場

AP東京八重洲通り  Room A

定員 70名
受講料 無料
対象 企業の知的財産部、法務部、国際訴訟ご担当者様

タイムテーブル・講演内容お時間・内容が変更となることがございます。ご了承ください。

13:30 ~ 14:00

最新リーガルテクノロジーを用いた企業競争力を高める戦略的アプローチ

株式会社UBIC 白坂 一

14:00 ~ 14:10

休憩

14:10 ~ 17:00
逐次通訳付き
途中休憩含む

米国特許訴訟の実務 ~訴訟戦略と標準化戦略~

シンプソン・サッチャー・アンド・バートレット法律事務所

ジェフリー E. オストロー弁護士

パトリック E. キング弁護士

隈元 則孝弁護士


講演概要

本セミナーにおいては、米国特許訴訟の専門家であるシンプソン・サッチャー・アンド・バートレット法律事務所の弁護士をお招きして、米国における特許訴訟の現状・戦略及び標準化団体(Standard Setting Organizations)への参加にかかわる課題についてご説明頂きます。

米国における特許訴訟の現状・戦略につきましては、米国の裁判所における特許訴訟の準備から上訴に至るまでの一連の過程をご説明頂き、訴訟の進行過程を俯瞰しつつ、望ましい結果をもたらすための鍵となる戦略を、特許訴訟における長年の経験・数々の成功事例に基づきご提示頂きます。また、米国における知財訴訟の裁判管轄として最も人気のあるテキサス州東部地区、カルフォルニア州北部地区及びデラウェア州における統計上の傾向やデータ比較などもご出席の皆様に共有頂きます。 
標準化団体への参加にかかわる課題につきましては、事業上の競争相手でもある標準化団体の参加者間の協力関係によって、より良い製品、より低い価格、相互運用及びより効率的な市場が実現されることとなりますが、採用する技術の根幹をなす特許を一参加者が独占的に保有する場合、そのような参加者が市場関係者に対し巨額のロイヤルティーを請求することも可能です。ほとんどの標準化団体は、参加者に対し、特許及びその適用基準を特定すること、並びに公正、合理的かつ無差別的(fair, reasonable, and non-discriminatory (FRAND))な条件での特許許諾に合意することを求めています。では「公正」とは何か?「非差別的」とは何を指すのか?そして誰がそれらを決定するのか?標準化団体への参加者の権利と義務、並びに米国及び世界中の独占禁止法規制当局がFRAND の遵守強化に向け如何に対処しているかについて解説頂きます。

UBICの白坂からは、最新のリーガルテクノロジーを用いた企業競争力を高める知財戦略アプローチと題し、講演いたします。
皆様お誘い合わせの上、奮ってご参加下さい。

スピーカー紹介

シンプソン・サッチャー・アンド・バートレット法律事務所

1884年創立の米国及び世界を代表する国際的な法律事務所。850名を超える弁護士が在籍。本部のニューヨーク及び米国内のパロアルト、ロサンゼルス、ワシントンD.C.、ヒューストンの他、東京、ロンドン、サンパウロ、香港、北京及びソウルと世界の主要な国際金融都市にオフィスを配し、その連携のもと、高度な法的アドバイス及び迅速な法律関連サービスを世界中の顧客に提供。

  • ジェフリー E. オストロー弁護士

    ジェフリー E. オストロー弁護士

    シンプソン・サッチャー・アンド・バートレット法律事務所 知的財産グループの代表及び事務所のExecutive Committeeのメンバー(パロアルトオフィス所属)。20年以上に渡り、Intel、HP、Cisco、Apple等を含むテクノロジー企業の知財訴訟に従事。また、多様なディールストラクチャーにおける複雑な知財問題についてクライアント企業に助言を行う。スタンフォード大学ロースクールでの講師や教鞭経験を持つ。現在はカリフォルニア大学バークレー校ロースクールにて知財戦略についての講義を行う。 

  • パトリック E. キング弁護士

    パトリック E. キング弁護士

    シンプソン・サッチャー・アンド・バートレット法律事務所の訴訟部門のパートナー弁護士(パロアルトオフィス所属)。知財訴訟、大規模商事訴訟、国際仲裁を中心とした業務を専門とする。マイクロプロセッサのアーキテクチャ、電気回路、医療機器の製造工程技術等の技術分野を専門とした特許訴訟に従事し、これまで国内外の訴訟および国際仲裁において、Verizon、 Intel、Cisco、Goldman Sachs及びJPMorgan Chaseの代理人を務め、日本企業を代理した経験も豊富である。 

  • 隈元 則孝弁護士

    隈元 則孝弁護士

    シンプソン・サッチャーのアジア訴訟グループのメンバー(東京オフィス所属)。ニューヨーク州弁護士。日本長期信用銀行(現.新生銀行)及びみずほコーポレート銀行(現.みずほ銀行)において日・米の銀行業務に従事したのち、入所。国際訴訟、仲裁及び政府当局調査において日本企業を代理し支援を行う一方、M&A及び資本市場関連の法務アドバイスも行っている。政府当局調査及び米国訴訟に関わる講演及び執筆多数。

株式会社 UBIC

株式会社UBICは、知財訴訟や国際的カルテル調査、連邦海外腐敗行為防止法(FCPA)に関連する調査、PL訴訟などで要求される電子データの証拠保全及び調査・分析を行うeディスカバリ事業(電子証拠開示支援事業)のほか、電子データ中心の調査を行なうコンピュータフォレンジック調査サービスを提供する、行動情報データ解析企業。アジア言語対応能力では世界最高水準の技術と、アジア圏最大の処理能力を有するラボを保有。

  • 白坂 一 法務・知的財産本部長

    白坂 一 法務・知的財産本部長

    弁理士、1級知的財産管理技能士。
    20108月より、国家試験 知的財産管理技能検定の技能検定委員や日本弁理士会 総合政策企画運営委員会 知的財産価値評価推進センターなどでも活動を行う。2003年~20113月富士フイルム株式会社に勤務。20114月に白坂パテントパートナーズを開設し、出願のみならず、国内での訴訟も担当している。20126月より株式会社UBICの法務・知的財産本部長に就任し、eディスカバリコンサルタントとして、大手家電メーカーや、製薬会社などの日本企業の米国知財訴訟の経験を数多く有する。

お願い

  • カメラ/ビデオ/テープレコーダーなど記録機器の持ち込みはご遠慮ください。
  • 会場内でのPC/携帯電話のご使用はお控えください。
  • 競業する企業様のご参加は、お断りする場合がございます。
  • 予告なく内容を変更する場合がございますのでご了承ください。

お問い合わせ

フォームからお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

03-5463-7577

株式会社FRONTEO リスクコンサルティング部