イベント・セミナー

  1. HOME
  2. イベント・セミナー
  3. 最新の米国特許裁判例を踏まえた明細書ドラフティングおよび権利化ストラテジー
TOKYO

最新の米国特許裁判例を踏まえた明細書ドラフティングおよび権利化ストラテジー

Oblon, McClelland, Maier & Neustadt, LLP / 株式会社UBICパテントパートナーズ 共催

開催日
  • 05.29

ご来場誠にありがとうございました。

日時

2015/05/29(金) 14:00~17:00 (13:30より受付開始)

会場

AP東京八重洲通り  D+Eルーム

受講料 無料
対象 企業 知的財産部ご担当者様

タイムテーブル・講演内容お時間・内容が変更となることがございます。ご了承ください。

14:00 ~ 16:00

最新の米国特許裁判例を踏まえた明細書ドラフティングおよび権利化ストラテジー

Oblon, McClelland, Maier & Neustadt, LLP 横山 昌史弁護士

16:00 ~ 16:10

休憩

16:10 ~ 16:40

人工知能技術を用いた特許調査支援ツールの活用

株式会社UBICパテントパートナーズ 代表取締役社長 白坂 一

16:40 ~ 17:00

質疑応答


コーヒー、スナックもご用意いたしますので、是非お気軽にご参加ください。

講演概要

本セミナーでは、Oblon, McClelland, Maier & Neustadt, LLPより横山 昌史弁護士をお招きし、最新の米国特許裁判例を踏まえた明細書ドラフティングおよび権利化ストラテジーと題し、ご講演いただきます。

米国における近年のAlice事件等の裁判例、機能クレームに関する動向、当事者系レビュー(IPR)等の最新動向を踏まえ、活用に耐えうる強い特許を取得するための特許明細書ドラフティングおよび権利化のストラテジーを解説いただきます。

一方、UBICパテントパートナーズ代表取締役社長の白坂 一からは、 「人工知能技術を用いた特許調査支援ツールの活用」と題し、講演いたします。貴社での特許評価業務における評価作業に要する時間の短縮化について、また大幅な業務効率アップのための活用方法についてもご説明いたします。

皆様のビジネスの一助となりますよう、是非この機会にご参加ください。ご来場お待ち申し上げております。

スピーカー紹介

Oblon, McClelland, Maier & Neustadt, LLP

Oblon, McClelland, Maier & Neustadtは、40年以上に渡り世界各国のクライアントに知的財産権に関するサービスを提供している知的財産法律事務所。バージニアおよび東京にオフィスを構える。米国特許の取得件数において25年連続全米1位に輝いている。

  • 横山 昌史弁護士

    横山 昌史弁護士

    ワシントンDC弁護士、弁理士。東京大学工学部・工学系研究科、中央大学法学部、ペンシルベニア大学ロースクール卒業。2003年~2006年株式会社日立製作所知的財産権本部、2007年~2013年ソニー株式会社知的財産センター勤務。世界各国での特許ポートフォリオマネージメント、ライセンス交渉、数多くの米国特許訴訟を経験。2013年5月よりオブロン法律事務所勤務。特許に関する幅広いカウンセリング、出願、権利化、ポートフォリオマネージメント、鑑定、特許評価、訴訟サポートなど担当。

株式会社UBICパテントパートナーズ

株式会社UBICパテントパートナーズ は、M&A支援、知的財産権の譲渡・ライセンス交渉支援、知的財産権の活用支援、特許調査・技術調査、パテントトロール対策支援を提供。また、親会社である株式会社UBICは、国際的カルテル調査や知財訴訟などで要求される電子データの証拠保全及び調査・分析を行うeディスカバリ事業(電子証拠開示支援事業)のほか、電子データ中心の調査を行なうコンピュータフォレンジック調査サービスを提供している。2013年5月17日、米国NASDAQ OMX Global Marketに上場し、翌2014年1月2日に同市場のGlobal Select Marketに昇格している。

  • 白坂 一 代表取締役社長

    白坂 一 代表取締役社長

    弁理士、1級知的財産管理技能士。
    20108月より、国家試験 知的財産管理技能検定の技能検定委員や日本弁理士会 総合政策企画運営委員会 知的財産価値評価推進センターなどでも活動を行う。2003年~20113月富士フイルム株式会社に勤務。20114月に白坂国際特許事務所を開設2012年より株式会社UBICパテントパートナーズの代表取締役社長に就任し、eDiscoveryコンサルタントとして、大手家電メーカーや、製薬会社などの日本企業の米国知財訴訟を数多く経験。自身でも特許事務所を経営しており、出願のみならず、国内での訴訟も担当している。

お願い

  • カメラ/ビデオ/テープレコーダーなど記録機器の持ち込みはご遠慮ください。
  • 会場内でのPC/携帯電話のご使用はお控えください。
  • 競業する企業様のご参加は、お断りする場合がございます。
  • 予告なく内容を変更する場合がございますのでご了承ください。

お問い合わせ

フォームからお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

03-5463-7577

株式会社FRONTEO リスクコンサルティング部