イベント・セミナー

  1. HOME
  2. イベント・セミナー
  3. 【国際カルテル防止セミナー】米国当局から見た日本企業のカルテル ~米国当局の元トップや企業法務担当者を交え、カルテル防止のポイントを探る~ <名古屋開催>
NAGOYA

【国際カルテル防止セミナー】米国当局から見た日本企業のカルテル ~米国当局の元トップや企業法務担当者を交え、カルテル防止のポイントを探る~ <名古屋開催>

Gibson, Dunn & Crutcher LLP / 株式会社 UBIC 共催

開催日
  • 11.16

ご来場誠にありがとうございました。

日時

2015/11/16(月) 13:30~17:00 (13:00より受付開始)

会場

名古屋ルーセントタワー  G ルーム

受講料 無料
対象 企業の法務部門、コンプライアンス部門、国際訴訟ご担当者様

タイムテーブル・講演内容お時間・内容が変更となることがございます。ご了承ください。

 

13:30~14:00
UBIC講演
﨑 周作
(株式会社UBIC 執行役員)
14:00~14:10

休憩

14:1017:00

「なぜ多くの日本企業が国際カルテル事件に巻き込まれてきたのか」

「カルテルの疑いのある行為を発見したとき、どのように行動すべきか」
Scott Hammond 氏
(Gibson, Dunn & Crutcher LLP パートナー弁護士)
(東京講演と同一)

    • ※お時間・内容が変更となることがございます。ご了承ください。
      通訳はございませんが、日本語による概要説明・日本語資料がございます
      ※ニューヨーク州・カリフォルニア州のCLE単位の取得が可能です。
      (変更となる場合がございます。)
      MCLE Information
      ・Gibson, Dunn & Crutcher LLP is a State Bar of California MCLE approved provider.
      ・This continuing legal education program has been approved in accordance 
      with the requirements of the New York State Continuing Legal Education Board.
  •  

講演概要

近年、米国や欧州はもちろん、シンガポール、マレーシア、韓国、中国等の競争当局も国際カルテルに対する取締りを強化しており、グローバル企業のリスクは著しく増化しています。特に米国や欧州、日本の各当局から、多くの日本企業や東アジア企業が厳しい制裁を受け、まさにカルテルリスクの渦の中にいる状況です。
 
本セミナーでは、2005年から2013年9月まで米国司法省反トラスト局次長として数多くのカルテル事件の捜査を指揮すると同時に、リニエンシー制度を確立され、各国競争当局との連携体制の構築に尽力されたScott Hammond氏をお迎えします。

講演では、リニエンシー制度に基づく自主申告を促し、各国当局間連携により、カルテル調査を推進する米国司法省の方針・手法、FCPAとの取り締まり方針の違い、社内で疑わしい行為を発見したときの対応、更にはなぜ多くの日本企業が制裁の犠牲になっているのか、カルテル防止のため日本企業は何を変えるべきかを解説頂きます。
 
是非この機会にご参加ください。ご来場お待ちしております。

スピーカー紹介

Gibson, Dunn & Crutcher LLP

Gibson, Dunn & Crutcher LLPは, 1890年創立の米国及び世界を代表する国際的な法律事務所。
1,200を超える弁護士が在籍し、ワシントンD.C.ロサンゼルスなど米国内の、ロンドン、サンパウロ、香港及び北京など、世界の主要な国際都市にオフィスを配し、その連携のもと、高度な法的アドバイス及び迅速な法律関連サービスを世界中の顧客に提供している。
  • Scott Hammond 弁護士

    Scott Hammond 弁護士

    2005年から2013年9月まで、米国司法省反トラスト局次長。
    国際カルテル調査など刑事執行部門の最高責任者。
    25年間の司法省勤務を通じて、多数の重要事件の捜査を指揮したほか、リニエンシー制度の確立や各国競争当局との連携体制構築に尽力。
    現在、Gibson, Dunn & Crutcher 法律事務所 (ワシントンDC
    パートナー弁護士として、各国競争当局への助言等で活躍中。

株式会社 UBIC

株式会社UBICは、連邦海外腐敗行為防止法(FCPA)や国際的カルテル調査、知財訴訟に関連する調査、PL訴訟などで要求される電子データの証拠保全及び調査・分析を行うeディスカバリ事業(電子証拠開示支援事業)のほか、電子データ中心の調査を行なうコンピュータフォレンジック調査サービスを提供する、行動情報データ解析企業。アジア言語対応能力では世界最高水準の技術と、アジア圏最大の処理能力を有するラボを保有。

  • 執行役員 野﨑 周作

    執行役員 野﨑 周作

    2004 年UBIC に入社。企業のコンプライアンス支援としてコンピュータフォレンジックを活用した機密情報漏えいや不正会計などの内部犯罪調査・監査のためのソリューションを提供。民間企業及び法執行機関向けにコンピュータフォレンジックトレーニングを開講し、講師として多数の調査員育成に従事。また、コンピュータフォレンジックの豊富な知識と経験をもとに米国をはじめとする訴訟時に必要なe ディスカバリに関する支援も行い、広く情報リスクに関する企業防衛のための戦略予防法務支援サービスを提供している。公認不正検査士(CFE)とEnCase Certified Examiner(EnCE)の資格を有する。

お願い

  • カメラ/ビデオ/テープレコーダーなど記録機器の持ち込みはご遠慮ください。
  • 会場内でのPC/携帯電話のご使用はお控えください。
  • 競業する企業様のご参加は、お断りする場合がございます。
  • 予告なく内容を変更する場合がございますのでご了承ください。

お問い合わせ

フォームからお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

03-5463-7577

株式会社FRONTEO リスクコンサルティング部