トレーニング

  1. HOME
  2. トレーニング
  3. メモリ・フォレンジックトレーニング

上級Advanced

メモリ・フォレンジックトレーニング

インシデントレスポンスやファスト・フォレンジックを求める声が上がる中で、通信状況やプロセス状況等、稼働中PCの揮発性情報を対象としたメモリ・フォレンジックは、より早いインシデントの把握につながり得るとして、その重要性と必要性が注目されています。
本トレーニングコースでは、メモリ解析に必要な知識や技術と、基本的な解析手法の習得を目指します。

トレーニング開講日程

随時個別でご相談を承ります

カリキュラム

1日目

  • メモリ・フォレンジックの概要
    • ・メモリ・フォレンジックの必要性
    • ・メモリ・フォレンジックの問題点
  • メモリの仕組み
    • ・カーネル
    • ・ユーザーモードとカーネルモード
    • ・マルチタスクとプロセス
    • ・プロセスとスレッド
    • ・メモリとCPUの役割
    • ・記憶管理の概念
    • ・物理アドレスと仮想アドレス
    • ・仮想領域におけるデータ管理
  • メモリ・フォレンジック解析の前に
    • ・メモリ解析に必要な知識
    • ・Windows実装ツールとSysinternalsによる動的状態の確認
    • ・演習

2日目

  • メモリデータの取得
    • ・ハードディスク上に残るメモリデータ
    • ・メモリダンプ
    • ・メモリダンプ方法
    • ・ソフトウェアによるメモリダンプ
    • ・コマンドプロンプトを用いた揮発性情報の取得
    • ・演習
  • メモリ解析の基礎
    • ・メモリダンプファイル解析ツール
    • ・メモリデータ解析に必要な知識
    • ・演習
  • サンプルデータを用いた解析実習

※各日程とも、9:30~17:00のスケジュールとなります。

※カリキュラムは変更になる場合がございます。お問い合わせの際にご確認ください。

詳細情報

コース対象者
  • ・コンピュータ・フォレンジックの基本的な知識を有している方
  • ・パーソナルコンピュータ(特にWindows)の基本的なオペレーションを理解している方
  • ・ITパスポート試験(旧:初級システムアドミニストレータ試験)に合格されている方もしくはそれに相当する知識・技術 を有している方
習得できる知識スキル
  • ・メモリの仕組みと概要
  • ・メモリダンプ取得方法
  • ・ハードディスク上に残るメモリデータへの対応
  • ・メモリデータ解析における基礎的な知識
受講料 お問い合わせください。

お問い合わせ

フォームからお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

03-5463-7577

株式会社FRONTEO リスクコンサルティング部