Webinar訴訟・調査長島・大野・常松法律事務所

【Webinar資料ダウンロード可】国際仲裁における証拠開示手続 -契約締結時や仲裁提起後の留意事項-

2022年6月9日(木)10:00 開催 長島・大野・常松法律事務所 / FRONTEO共催

【ログイン後、6/9開催セミナーの資料がダウンロード可能です。】

受講のポイント

会員のみ、視聴いただけます。

弁護士事務所の同業者及びフリーメールアドレスの方はご登録をご遠慮いただいております

会員登録・ログイン

【下部フォームより、6/9開催セミナーの資料がダウンロード可能です。】

受講のポイント

国際仲裁と日本の裁判は異なる点が多々ありますが、その中でも大きく異なる点の一つが、証拠開示手続です。一般的に、日本の裁判と比較してかなり広範な証拠開示が認められており、仲裁手続の勝敗を決する上でも重要なポイントの一つとなります。また、証拠開示手続の対応のため、時間的・費用的負担も、重いものとなりがちですので、計画的・効率的に進めることが求められます。
本セミナーでは、まず、国際仲裁における証拠開示の仕組みを具体的に説明した上で、証拠開示の範囲をコントロールする方法(仲裁条項における対応、仲裁提起後の対応)や、仲裁における証拠開示で問題となることの多い論点について解説します。

【プログラム】
(1) 国際仲裁における証拠開示手続の概要
(2) 証拠開示の有用性(有効な証拠開示の求め方)
(3) 証拠開示の範囲のコントロール(仲裁合意、仲裁提起後の手続に関する合意)
(4) 証拠保全やレビュー(文書保全の方法・レビュー)
(5) 開示拒絶事由(企業秘密・弁護士秘匿特権)

スピーカー

長島・大野・常松法律事務所 アソシエイト 大野 崇

民事・刑事の裁判官として、複雑な企業間紛争、薬事訴訟、医療紛争等を多数経験。
2018年より弁護士となってからは、国際仲裁手続(建設や薬事など)、クロスボーダー紛争(米国等のクラスアクション訴訟)、国内訴訟、不祥事・危機管理対応、建設・ヘルスケア関連の契約交渉や企業法務全般を取り扱っている。
GAR Know How- Challenging and Enforcing Arbitration Awardsの日本法部分(Law Business Research, 2022年5月、共同執筆)
Global Arbitration Review -The Guide to Challenging Arbitration Awarads- Second Edition Part II の日本法部分(Law Business Research, 2021年5月, 共同執筆)
Underwriters’ liability for false statements made in IPO(Law Business Research, 2021年6月、共同執筆)

事務所紹介

長島・大野・常松法律事務所

長島・大野・常松法律事務所は、500名を超える弁護士が所属する日本有数の総合法律事務所であり、東京、ニューヨーク、シンガポール、バンコク、ホーチミン、ハノイ及び上海にオフィスを構えています。企業法務におけるあらゆる分野のリーガルサービスをワンストップで提供し、国内案件及び国際案件の双方に豊富な経験と実績を有しています。

資料ダウンロード/お問い合わせ

こちらからダウンロードやお問い合わせ頂けます。
区分を選択し必須項目を入力していただき送信ボタンを押下してください。


Show More
Back to top button
ja 日本語
X