不正・不正調査不祥事対応記事ALL

【Webinar動画公開】【第2回】外国公務員への贈賄の調査と対応の実務 ~デジタルフォレンジックの有効活用~

【開催済】2020年6月29日(月)15:00 開催/プロアクト法律事務所・FRONTEO共催

【ログイン後、下部ダウンロードボタンより、6/29開催セミナーの資料が入手可能です。】
【後日、セミナーの様子を撮影した動画をアップロードいたします。】

◆受講のポイント:

ビジネスのグローバル化に伴い、日本企業の海外事業展開が加速する中、新興国を中心に、現地の役職員が外国公務員からの金銭要求に日常的に遭うという過酷な現実が存在します。本社のコンプライアンス担当役員や担当者は、この現実から目を背けることはできません。刑事罰や巨額の制裁金を伴う外国公務員贈賄リスクは、海外事業展開する日本企業にとって最大リスクの一つであり、現実を直視したうえで適正なリスク管理が求められます。
有事の危機管理の経験値を上げることは容易ではありませんが、本講を受講していただくことにより、この先に何が起こるか、最後にどこに行き着くかのロードマップを見据えながら危機管理に当たっていただくことが可能になります

◆プログラム:
第2回「外国公務員への贈賄の調査と対応の実務~デジタルフォレンジックの有効活用~」

1.プロアクト法律事務所
(1)調査におけるデジタルフォレンジックの検討
(2)デジタルフォレンジックの活用(関係者ヒヤリング、事実認定)
(3)弁護士の視点から考えるデジタルフォレンジックへの期待

2.株式会社FRONTEO
(1)デジタルフォレンジックの概要
(2)デジタルフォレンジックの最新動向や今後の展開

3.プロアクト法律事務所と株式会社FRONTEOの対談及びQ&A

会員のみ、視聴いただけます。

弊社及び弁護士事務所の同業者の方等はご登録をご遠慮いただいております

会員登録・ログイン

【下部ダウンロードボタンより、6/29開催セミナーの資料が入手可能です。】
【後日、セミナーの様子を撮影した動画をアップロードいたします。】

◆受講のポイント:

ビジネスのグローバル化に伴い、ビジネスのグローバル化に伴い、日本企業の海外事業展開が加速する中、新興国を中心に、現地の役職員が外国公務員からの金銭要求に日常的に遭うという過酷な現実が存在します。本社のコンプライアンス担当役員や担当者は、この現実から目を背けることはできません。刑事罰や巨額の制裁金を伴う外国公務員贈賄リスクは、海外事業展開する日本企業にとって最大リスクの一つであり、現実を直視したうえで適正なリスク管理が求められます。

有事の危機管理の経験値を上げることは容易ではありませんが、本講を受講していただくことにより、この先に何が起こるか、最後にどこに行き着くかのロードマップを見据えながら危機管理に当たっていただくことが可能になります。

◆プログラム:
第2回「外国公務員への贈賄の調査と対応の実務~デジタルフォレンジックの有効活用~」

1.プロアクト法律事務所
(1)調査におけるデジタルフォレンジックの検討
(2)デジタルフォレンジックの活用(関係者ヒヤリング、事実認定)
(3)弁護士の視点から考えるデジタルフォレンジックへの期待

2.株式会社FRONTEO
(1)デジタルフォレンジックの概要
(2)デジタルフォレンジックの最新動向や今後の展開

3.プロアクト法律事務所と株式会社FRONTEOの対談及びQ&A

 

◆講師:
プロアクト法律事務所 アソシエイト 弁護士・公認不正検査士 松葉 優子
https://proactlaw.jp/matsuba-profile/

2012年早稲田大学法学部卒業、14年早稲田大学大学院法務研究科修了、15年弁護士登録、
16-17年都内法律事務所に勤務、17年プロアクト法律事務所入所。
19年CFE資格認定。
専門は、企業のリスクマネジメント、不祥事対応・事件事故発生時の危機対応、
平時のリスク管理体制(内部統制システム、コンプライアンス体制)整備、
会社法/コーポレート・ガバナンス、金融商品取引法など。
ABCJメンバー。

 

Tags
Show More
Back to top button
Close
Close