Covington & Burling LLP動画ALL知的財産訴訟・調査

Alexa Hansen – Moderated Discussion

Covington & Burling LLP

会員のみ、視聴いただけます。

弊社及び弁護士事務所の同業者の方等はご登録をご遠慮いただいております

会員登録・ログイン

本動画では、CovingtonのパートナーであるAlexa Hansen(アレクサ・ハンセン)弁護士とFRONTEO USAの田中志穂が、Hatch-Waxman法における、先発製薬企業と後発製薬企業との間の米国特許訴訟についてモデレーテッドディスカッションを行います。

Alexa Hansen

Partner

アレクサ ハンセンは、連邦裁判所および特許審判委員会において、製薬および生物学的特許を中心に、特許問題の弁護を担当しています。訴訟業務に加え、製品買収や金融取引に関する特許分析も行っています。アレクサは、Chambers USA からカリフォルニアの「新進気鋭の」特許訴訟弁護士として注目されており、同誌では「高リスクの特許紛争を巧みに処理することで評価が高まっている」と評されている。

ロースクール入学前は、Merck & Co.で医薬品化学者として低分子医薬品の設計に携わっていました。そこでの研究の結果、アレクサは3つの特許で発明者として名を残しています。

お問い合わせ
コンテンツ内容や資料に関してご不明な点やご質問等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。また、聞きたいトピックなどのご要望も頂けますと幸いです。(日本語・英語いずれも可)

Show More
Back to top button
ja 日本語
X