eディスカバリ動画ALL国際訴訟・海外取引

[Webinar] Key to Lowering Discovery Costs with AI

Covington & Burling LLP x FRONTEO

コビントン・バーリング法律事務所とFRONTEOによる本動画では、ディスカバリでAIを使う際に留意すべき点、訴訟において相手方の弁護士チームと総合協力することが全体の効率にどう影響するかについてご紹介します。

会員のみ、視聴いただけます。

弊社及び弁護士事務所の同業者の方等はご登録をご遠慮いただいております

会員登録・ログイン

コビントン・バーリング法律事務所と株式会社FRONTEOによる本動画では、ディスカバリでAIを使う際に留意すべき点、訴訟において相手方の弁護士チームと総合協力することが全体の効率にどう影響するかについてご紹介します。

さらにテクノロジー面では、ディスカバリにおける関連書類のレビューを実施する上で、法的防御性を保つために何が「良いレビュー」と判断されるかという測定基準についてもお話しします。

COVINGTON

Covington & Burling LLP

Edward H. Rippey 弁護士
<パートナー>

Edward H. Rippey

エドワード・リッピー弁護士は、複数分野における複雑な訴訟案件を専門とするパートナーで、特許、ゲーミング、鉱業関連の訴訟の経験が豊富です。加えてリッピーは、独占禁止法、消費者、運輸、エネルギー、スポーツ、製薬、著作権、通信、証券に関する案件も取り扱ってきました。リッピーは、当事務所のゲーミング業界担当グループの共同部長で、世界各国のカジノを含む統合型リゾート施設やゲーム・メーカーの代理人を務めています。また、eディスカバリ(電子証拠開示制度)及び情報管理専門グループの部長でもあり、同分野における大規模な多国籍企業の代理人を務めています。

リッピーは、Chambers Global、Chambers USA、Who’s Who Legal、Super Lawyersの格付け機関から常に上位にランクされています。Chambersは、リッピーについて「専門知識に加えて、卓越した訴訟スキル、供述分析力、案件の監督能力を兼ね備えた」「敏腕且つ先見性のある」訴訟専門弁護士であると評しています。

FRONTEO USA, Inc.

Lilith Bat-Leah

FRONTEOの米国支社で、データサイエンス部門のディレクターとしてeディスカバリに関わる業務に従事しています。Certified E-Discovery Specialist (CEDS) の資格を有し、これまでも複数のディスカバリベンダーで、法律業務へのデータサイエンス、AI/機械学習の応用業務に携わってきました。

お問い合わせ
コンテンツ内容や資料に関してご不明な点やご質問等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。また、聞きたいトピックなどのご要望も頂けますと幸いです。(日本語・英語いずれも可)

Tags
Show More
Back to top button
Close
Close