国際訴訟や不正調査の証拠発見にAIを導入し、圧倒的な効率化を実現

サービス

国際訴訟eディスカバリ支援

FRONTEOはアジアにおけるeディスカバリ総合支援企業のパイオニアとしてデータの特定、保全からデータの処理、ドキュメントレビュー、提出データ作成にいたるまでワンストップサービスを提供し、リーガルテックの分野に貢献してきました。
人工知能「KIBIT(キビット)」を搭載し、アジア言語処理に優れたデータ解析プラットフォームとして進化してきた自社開発ソフトウェア「Lit i View(リットアイビュー)」によって、eディスカバリにかかるコストと時間を削減します。

詳しく見る

不正検知フォレンジック調査

FRONTEOはフォレンジック調査のリーディングカンパニーとして、お客様のもとで起きているインシデントについて把握し、最も効果的でコストパフォーマンスの高い調査提案をいたします。調査はPC・スマートフォンをはじめとする各種デバイス・システム内のログファイル、ビックデータ解析まで多岐にわたり対応いたします。
日本におけるデジタル・フォレンジック黎明期より、FRONTEOはさまざまな調査を行ってきました。その経験をもとに、お客様のニーズに合わせた調査提案を行い、実行力のある調査を実施いたします。

詳しく見る

官公庁・法執行機関向けソリューション

FRONTEOは、日本におけるデジタル・フォレンジック分野のパイオニアとして、創業以来、フォレンジック調査だけでなく、ソフトウェアの製造、販売、サポート、トレーニングをトータルで提供。豊富な実績と高い信頼性で、警察機関をはじめとした法執行機関向けにデジタル・フォレンジックツールの導入やトレーニングも行っています。また、「デジタル・フォレンジック研究会」の設立に参画し、その発展にも貢献。講演や講習などを通じ、日本国内におけるデジタル・フォレンジックの普及・促進にも取り組んでいます。

詳しく見る

平時ソリューション

有事への発展を防ぐために、独自開発の人工知能KIBIT(キビット)を活用して、人的リソースやノウハウがない環境でも不正行為を未然に防ぐための提案を行ったり、平時からデータの管理や監視、または保管を支援するソリューションを提供しています。また、不正行為の事実発覚から案件を収束させるまでのサポートはもちろん、事後のコンサルティングも行っています。

 

詳しく見る

FRONTEOが選ばれる理由

実績のある独自のテクノロジーとワンストップサービスによって、
ディスカバリ支援における高いクオリティを維持しながら、コスト削減も同時に達成します。

実績

国際訴訟対応/不正調査

計 10,300件以上


2023.2.2  
Webinar

ピルズベリー・ウィンスロップ・ショー・ピットマン外国法事務弁護士事務所 / FRONTEO共催オンラインセミナー
米国特許商標庁と知財案件の訴訟ファイナンスに関する最新動向

2023.2.9  
Webinar

大江橋法律事務所 / FRONTEO共催オンラインセミナー
米国特許商標庁と知財案件の訴訟ファイナンスに関する最新動向