退職者による情報漏えい・営業機密の持ち出しなどの不正や
eディスカバリに備え、いざという時の調査と証拠の確保を可能にする

退職者による情報漏えい・営業機密の持ち出しなどの不正やeディスカバリに備え、
いざという時の調査と
証拠の確保を可能にする

ご不明点や詳細を知りたい方はこちらからお問い合わせください

ご不明点や詳細を知りたい方は
こちらからお問い合わせください

お電話でも受け付けております

03-5463-7577

お電話でも受け付けております

03-5463-7577

退職者PC保全サービス概要

退職者のPCをFRONTEOへお送りください
PCのデータを完全複製し、情報漏えい・営業機密の持ち出しをはじめとする
不正調査やeディスカバリといった「もしも」に備えて安全に保管します

退職者PC
保全サービス概要

退職者のPCを
FRONTEOへお送りください
PCのデータを完全複製し、情報漏えい・営業機密の持ち出しをはじめとする不正調査やeディスカバリといった
「もしも」に備えて安全に保管します

高品質

デジタルデータを
一切書き換える事なく、
完全複製し状態を固定化
 

安心・抑止効果

情報漏えい・営業機密の持ち出しなどの不正調査や
eディスカバリといった「もしも」の時はすぐに調査
また、不正の発生自体を抑止する効果も期待できます。

eディスカバリとは、米国訴訟における電子証拠開示のことです。本サービスは、リーガルホールドにより保全が必要となった
PCのデータをHDに完全複製、当社で保管することでeディスカバリ対応に必要なデータを保全します。

信頼性

完全複製を証明する検証を行い、
証明力の有無を焦点に法的に争う際に
万全を期した対応

高品質

デジタルデータを
一切書き換える事なく、
完全複製し状態を固定化
 

安心・抑止効果

情報漏えい・営業機密の持ち出しなどの
不正調査やeディスカバリといった「もしも」
の時はすぐに調査また、不正の発生自体を
抑止する効果も期待できます。

eディスカバリとは、米国訴訟における電子証拠開示のことです。
本サービスは、リーガルホールドにより保全が必要となった
PCのデータをHDに完全複製、当社で保管することでeディスカバリ対応に必要なデータを保全します。

企業にとってのもしもの事態に対応するためには、平時から正しい証拠保全を行うことが必要です。
詳細はこちらよりお問い合わせください。

企業にとってのもしもの事態に対応するためには、平時から正しい証拠保全を行うことが必要です。
詳細はこちらより
お問い合わせください。

ご不明点や詳細を知りたい方はこちらからお問い合わせください

ご不明点や詳細を知りたい方はこちらからお問い合わせください

お電話でも受け付けております

03-5463-7577

お電話でも受け付けております

03-5463-7577

退職者のPC保全、なぜ必要?

退職者による不正が発覚した際、すでにPCが初期化されていると調査を行うことが極めて困難になります。
PCを初期化する前に、正しい方法でディスクの複製を作成しておくことで、この問題を解消することができます。
また、退職者PC保全の取り組みを推進することで、従業員の情報取り扱いに対する意識が高まり、
情報漏えいや情報持ち出しをはじめとする不正の発生自体を抑止する効果も期待できます。

退職者のPC保全、
なぜ必要?

退職者による不正が発覚した際、すでにPCが初期化されていると調査を行うことが極めて困難になります。
PCを初期化する前に、正しい方法でディスクの複製を作成しておくことで、この問題を解消することができます。
また、退職者PC保全の取り組みを推進することで、従業員の情報取り扱いに対する意識が高まり、
情報漏えいや情報持ち出しをはじめとする不正の発生自体を抑止する効果も期待できます。

調査対象PCを直接起動したり、書き込み防止を
行わずHDDやデータに直接アクセスすると、
データが復元不可能になり、調査結果の信頼性が低下

完全複製

退職時のPCの状態を完全複製し、
インシデント発生時のデータの真正性を担保

調査対象PCを直接起動したり、書き込み防止を
行わずHDDやデータに直接アクセスすると、
データが復元不可能になり、調査結果の信頼性が低下

完全複製

退職時のPCの状態を完全複製し、
インシデント発生時のデータの真正性を担保

従業員・退職者によるトラブル事例

近年、「退職者の営業機密持ち出し」により、企業の経済的価値や信用低下を招くケースが相次ぎ、社会的にも大きな問題となっています。機密情報の持ち出しや情報漏えい、産業スパイ、不正競争防止法違反など、企業にとってのもしもの事態に対応するため、正しい証拠保全の必要性が高まっています。

機密情報持ち出し

なりすまし投稿・誹謗中傷

不正プログラム使用

不正競争防止法違反

デジタルフォレンジック調査の実績豊富な
FRONTEOにおまかせください

デジタルフォレンジック調査の
実績豊富なFRONTEOに
おまかせください

FRONTEOが持つ10,600件(2023年7月現在)という圧倒的な実績から得たノウハウで、
退職者PCのデータを完全複製し、安全に保管します。
不正調査やeディスカバリといった「もしも」の事態が発生した場合は、保全データをもとにすぐ調査可能。

「特定部門・役職者の方を対象とした運用など、お客様のご事情に合ったご提案をさせていただきます。
少しでもサービスにご興味がある方は、下記お問い合わせフォームまたはお電話よりお問い合わせください。

お問い合わせ

フォームからお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

03-5463-7577

株式会社FRONTEO