リティゲーションホールド管理ツール

  1. HOME
  2. プロダクト
  3. KIBIT搭載アプリケーション
  4. リティゲーションホールド管理ツール

Litigation Hold時の煩雑なワークフローを
確実かつ迅速に遂行するための支援ツール

Easy Holdは、訴訟案件関係者に対して、メールやアンケートなどでヒアリングを実施し、カストディアン(証拠保持者)の特定から、リティゲーションホールドの通知、またその履歴を管理することができる機能です。複数のリティゲーションホールド工程を、より正確にかつシンプルに支援します。

製品の特徴

1.ホールド対象者の選定

訴状受領時や訴訟可能性が発生した際、リティゲーションホールド対象者の選定が迅速に行えます。

2.ホールド対象者を外してしまうリスク回避

各部署、各案件ごとのホールド状況が担当者間で情報共有され、必要な対象者の漏れを防ぎます。

3.訴訟件数・内容・対象者の把握

訴訟件数、ホールド対象者の集計や管理がリスト化によって効率的に行えます。

4.日本語対応

文字化け等の不具合なく、日本語でのメッセージ・アンケートによるコミュニケーションが可能です。

主な機能

5.LITIGATION HOLD

「LITIGATION HOLD」機能では、訴訟案件関係者に対して、メールやアンケートなどでヒアリングを実施し、カストディアンの特定からリティゲーション・ホールドの通知、またその履歴やアンケートの回答状況などを管理することができます。

6.SEARCH

リティゲーション・ホールドにおいてホールド対象となっているカストディアンをホールド名、部署名などで検索し、一覧表示します。各カストディアンへのリティゲーション・ホールドの通知状況や、ホールドの状況などを参照することができます。

7.SET UP

リティゲーション・ホールド対象者情報の管理、またリティゲーション・ホールドの通知で使用する文書(メール)、アンケートなどのテンプレート情報の管理をおこないます。

8.MANAGEMENT

リティゲーション・ホールドの管理に携わるLit i Viewユーザ情報の管理、および役割や権限の管理をおこないます。

お問い合わせ

フォームからお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

03-5463-7577

株式会社FRONTEO リスクコンサルティング部