不正検知
フォレンジック調査

  1. HOME
  2. サービス
  3. 不正検知フォレンジック調査

お客様のニーズに合わせた
調査提案を行い、
実行力のある調査を実施

FRONTEOはフォレンジック調査のリーディングカンパニーとして、お客様のもとで起きているインシデントについて把握し、最も効果的でコストパフォーマンスの高い調査提案をいたします。調査はPC・スマートフォンをはじめとする各種デバイス・システム内のログファイル、ビックデータ解析まで多岐にわたり対応いたします。
日本におけるデジタル・フォレンジック黎明期より、FRONTEOはさまざまな調査を行ってきました。その経験をもとに、お客様のニーズに合わせた調査提案を行い、実行力のある調査を実施いたします。

サービス内容

FRONTEOのフォレンジック調査サービスのステップは、「ヒアリング」「証拠保全」「調査」「報告」の4つに区分されています。調査期間は調査範囲によって変化しますが、デバイスの数に比例するものではありません。調査の進捗は適宜ご報告させていただきます。当社の実績では数日~数カ月の調査例があります。詳しくはお問い合わせ下さい。

STEP 1

ヒアリング

step1
  • ・調査対象、調査項目、期限等の確認
  • ・秘密保持契約締結
> 詳しく見る

STEP 2

証拠保全

step2
  • ・改変不可能な形式で安全にデータ保全
> 詳しく見る

STEP 3

調査

step3
  • ・データ復元
  • ・各種痕跡調査
  • ・メール、ドキュメント調査
> 詳しく見る

STEP 4

報告

step4
  • ・法廷提出文書作成
  • ・レポート作成
  • ・結果報告会
> 詳しく見る

対応範囲

デバイス

一般的なデバイスについては調査可能です。具体的に下記のデバイスが該当いたします。その他の機器については別途お問い合わせ下さい。

PC(Win, Mac, Linux… etc.)
スマートフォン・タブレット(iOS, Android, Win… etc.)
各種サーバー・NAS
リムーバブルメディア(外付けHDD, USBメモリ, 各種SDカード, MO, CD, DVD, FD… etc.)

案件の種類

フォレンジック調査の活用の幅は広く、「デジタルデータの解析が必要な分野」への適用が可能です。当社で多くのご相談を受けている案件例としては以下が挙げられます。

情報漏えい/データ改ざん/横領・キックバック/国内談合/購買不正/労務問題/怪文書作成元特定/ハラスメント問題/セキュリティ事案/捜査機関向け委託(鑑定)調査支援

事例

Case1

復元

とある企業の営業担当X氏が誤って社用PCのデータを消してしまった。消してしまったデータには売上げ関連データ・顧客名簿・お客様とやりとりしたメールデータが存在する。特にお客様とのやり取りしたメールについては復元したい。また、PCについてはできるだけ短期間で返却を受けて業務に戻りたい。

続きを見る

Case2

証拠保全

A社の退職した元社員X氏が競合企業B社に転職していることが判明した。社内調査を実施したところ、セキュリティ監査ツールのログに「X氏が退職日の2~3日前に大量の営業秘密データをUSBメモリにコピーしていた」ことが判明した。速やかに弁護士に相談し、民事訴訟法第234条に規定されている「証拠保全申し立て裁判」を裁判官立ち会いのもと、B社及びX氏の自宅等に存在する営業秘密データの証拠保全を行う計画が立案された。

続きを見る

Case3

情報漏えい調査

近日退職する社員X氏が「営業秘密情報を外部に持ち出している」という内部告発情報があり、X氏の社用PC及び社用携帯(スマートフォン)の調査の必要性が生じた。

続きを見る

Case4

横領・キックバック調査

A社のマーケティング部門の部長X氏の素行が派手である旨の指摘が、同部門が販促物制作依頼をしているB社から会社法務部宛に連絡が入った。社内調査にて販促物の請求額と支払い額をB社に問い合わせたところ、齟齬があることが発覚した。

続きを見る

Case5

労務問題

A社の社員X氏が就業中に体調不良となり、病院に搬送され数週間後に死亡した。以前からX氏の家族はX氏の生前に「仕事が忙しく自宅に帰れないため、職場に泊まっている」と聞いていたため、X氏の死亡との因果関係に仕事による過労があると考え、弁護士を通じて労働基準監督署へ申し立てを行っていた。申し立てに基づき、A社はX氏の勤務実態について内部調査を実施したが、過労に繋がる勤務実態は確認することができなかった。この状況を経て、労働基準監督署は両者の言い分を整理するため「X氏が職場で使用しているPCをはじめとする、すべてのX氏の勤務や生活実態が記録された電子的デバイスを調査し、事実を解明すること」をA社に対して要請したため、FRONTEOが調査を行うこととなった。

続きを見る

Case6

セキュリティ事案

A社において、取引先のB社から「A社を名乗る不審なメールが届いている」との連絡を受けた。A社にて社内調査を実施したところ、業務管理システム専用の端末からウイルスが検出された。当該端末には顧客情報が保存されており、個人情報漏えいの有無について速やかに確認する必要性が生じた。

続きを見る

特徴

高い
コストパフォーマンス

多種多様な
デバイスに対応

さまざまなタイプの
案件調査が可能

高い技術力と
的確なアウトプット

豊富な
対応実績

高度なテクノロジーと
確かな調査技術

大量ドキュメントの
効率的調査

豊富なフォレンジック
トレーニング実績

お問い合わせ

フォームからお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

03-5463-7577

株式会社FRONTEO リスクコンサルティング部