Perkins Coie LLP動画ALL知的財産

テキサス州西部地区での特許訴訟 Part 2

Perkins Coie LLP

パート2では、アラン・オルブライト(Alan Albright)裁判官の却下の申し立ての取り扱い、特許の適格性の欠如に対する早期の有効性の課題、および継続の申し立てなど、裁判官の初期の訴訟慣行に関することをご紹介します。

会員のみ、視聴いただけます。

弊社及び弁護士事務所の同業者の方等はご登録をご遠慮いただいております

会員登録・ログイン

ページ下部のフォームから資料をダウンロードいただけます


パート2では、アラン・オルブライト(Alan Albright)裁判官の却下の申し立ての取り扱い、特許の適格性の欠如に対する早期の有効性の課題、および継続の申し立てなど、裁判官の初期の訴訟慣行に関することをご紹介します。

また、便宜のために別の地区に管轄移送することを拒否したオルブライト裁判官の判決を覆したIn re Adob​​eでの連邦巡回裁判所の決定を含め、便宜に基づく管轄移送する申し立てについても説明します。

Perkins Coie LLP

パーキンス・コイ法律事務所

Perkins Coieは、米国およびアジアの20のオフィスに1,200名ほどの弁護士を有する法律事務所で、法人、商業訴訟および知的財産の全般的なサービスをクライアントに提供しています。当事務所の知的財産業務には、知的財産訴訟、特許および商標の訴追、事後手続き、技術ライセンス、著作権、営業秘密および不当競争に焦点を当てた250名以上の弁護士が関わっており、当事務所のクライアントには、半導体、コンピュータ、モバイル機器、電気通信、ソフトウェア、インターネット、電子商取引、クラウド、ソーシャルメディア、医薬品、医療機器、航空宇宙、消費者製品などの業界で世界をリードするテクノロジー企業の多くが含まれています。

当事務所の知的財産グループには、米国特許商標庁に登録されている135名の専門家と、150名以上の弁護士および25名のPh.D.を有する弁護士を含むエージェントが含まれており、Perkins Coieの各知的財産専門業務は、常に世界最大かつ最高の中に位置付けられています。

William(Bill)McCabe 弁護士

William(Bill)McCabeは、特許侵害と営業秘密の取り扱い、ライセンス交付、および再審査に30年以上の経験を有する訴訟担当者です。彼の経験は、電気通信、光学、半導体、ソフトウェア、医療記録、エネルギー、化学工学、エレクトロクロミックを含む様々な業種に及んでおり、ハイテク分野では、符号分割多元接続(CDMA)およびワイファイ技術、暗号化されたボイスオーバーインターネットプロトコル(VoIP)、テレコミュニケーションネットワーク用の波長分割多重方式(WDM)で使用される光スイッチなど、重要でハイステークスな訴訟を取り扱っています。IAM 250およびNew York Metro Super Lawyersにより世界有数の特許訴訟担当者の1人として評価されているBillは、「国際特許訴訟」の中の「連邦裁判所およびITCに焦点を当てた国際特許訴訟における効果的な戦略の展開」の章の著者でもあります。

Gene Lee 弁護士

Gene Leeは、米国地方裁判所、国際貿易委員会(ITC)、および特許庁審判部(PTAB)において、27年にわたり特許訴訟に専念してきました。彼は経験豊富な先導的立場の弁護士であり、ハイステークスな特許紛争において主要なテクノロジー企業を代理しています。コンピュータシステムやソフトウェア、電気通信および無線通信、化学、医療機器、ビデオゲーム、医薬品、金融サービス、半導体、地球科学などを含む、さまざまな技術を扱う案件に取り組んでおり、Chambers Global、IAM Patent 1000、Managing IPによりその卓越性を評価されています。また、特許法や知的財産権訴訟における最近の動向と重要な問題について定期的に講演、出版、解説などを行っています。

資料ダウンロード・お問い合わせ

資料ダウンロードやお問い合わせはこちらから行えます。下記フォームの区分から、ご希望の項目をお選びください。

Tags
Show More
Back to top button
Close
Close