Saito Law Groupその他動画ALL

アメリカ訴訟弁護士が語る ~それでも私は闘い続ける(「不屈の闘志」と「晩節を汚(けが)す」の狭間)~

Saito Law Group

米国で活躍する日本人弁護士が、激動の時代を迎えたビジネスに鋭く切り込みます。

会員のみ、視聴いただけます。

弊社及び弁護士事務所の同業者の方等はご登録をご遠慮いただいております

会員登録・ログイン

米国で活躍する日本人弁護士が、激動の時代を迎えたビジネスに鋭く切り込みます。

今回のテーマは「それでも私は闘い続ける」。「大物は引き際が潔い」という一方で、戦い続けることを選ぶ人もいます。しかし、戦い続けるという事と引き際の潔さは、相反するものではないのでしょうか?今回の話は、昭和の名ボクサー「輪島功一」の生き様から始まります。

Saito Law Group

Saito Law Group PLLC

齋藤 康弘 弁護士

米国における企業訴訟、企業不祥事、ホワイトカラー犯罪弁護、企業顧問

齋藤 康弘 弁護士

慶応義塾大学法学部法律学科卒(1989年)、St. John’s University Law School (JD、1992年)。連邦裁判官ロークラーク(ニューヨーク西部地区、1992年から1994年)(通常は米国市民権保有者のみに許されるポジションに特例で任官)。ニューヨーク大手法律事務所(Carter Ledyard & Milburn、 Hughes Hubbard & Reed)の訴訟部パートナーや訴訟プラクティス部門リーダーを歴任(1994年から2011年)。企業訴訟・不祥事対応および企業の米国顧問に特化したSaito Law Group法律事務所を設立(2011年)。企業の重要な訴訟案件において実際に法廷に立って弁護を行ってきた数少ない日本人弁護士。対応した著名案件は、アーサーアンダーセン、リーマンブラザーズ、オリンパス、米国イラン人質交換事件、等と多数。米国企業顧問として、法的リスク管理や内部統制・コンプライアンス・規制遵守のアドバイスを頻繁にする他、各種コーポレート案件における代理経験も豊富。講演等も多く、企業への法務セミナーの開催に加え、ニューヨークのロースクールや弁護士会でトライアル(審判)での弁論技術を教える講師も務めている。母校ロースクールでは奨学金を設立し後進を育成。

シリーズ アメリカ訴訟弁護士が語る

ビジネスの撤退戦に勝つコツ
激動期にはスピードが大事は本当?
激動期のリスクの性質を理解する
激動期に変わる参謀の役割
激動期こそ平常心と自然体で勝つ
激動期の対応の基準と心構え
絶体絶命でもなんとかなる!
加速する変化のスピード
激動期に致命的なミスを避ける
Fog of War、戦争の霧
アーサーアンダーセンの代理をして学んだこと
リーマンの代理をして学んだこと
不確定の時代: 乱戦・白兵戦に勝つコツ
国際政治のツールとして検察が使われる時代が始まっている
日本のバブル崩壊後、山一証券やカネボウの破綻事件の対応をして学んだこと
法務が復権する・信頼される参謀としての法務・それに必要なモノ
V字回復?「もうひと山来る」という期待が生む破綻
コンプライアンス構築のコツ、落とし穴
まだ間に合う!リスクの洗い出しと対応
対談:なぜアメリカのJ.D.にいくことを決意したのか
対談:ロークラークの経験
対談:英語の学習方法
名門企業での不祥事を生む『甘え』の構造
対談:英語の発音上達のコツ
形容詞を使うな(ストーリーで説得する)
人は理屈では動かない(ストーリーで説得する)
対談:社内プレゼンや転職インタビューのコツ(ストーリーで説得する)
聴き手をヒーローにする(ストーリーで説得する)
米国史上最強の訴訟弁護士の最終弁論 (英語の名スピーチに学ぶ)
無敗の訴訟弁護士、最終弁論の鉄板ネタ (英語の名スピーチに学ぶ)
激動期、この期に及んでの楽観 (それは破滅を招くか? それとも逆転の力か?)
大物達の引き際、闘いを諦めるとき
それでも私は闘い続ける(「不屈の闘志」と「晩節を汚(けが)す」の狭間)

お問い合わせ
コンテンツ内容や資料に関してご不明な点やご質問等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。また、聞きたいトピックなどのご要望も頂けますと幸いです。(日本語・英語いずれも可)

Tags
Show More
Back to top button
Close
Close