Baker McKenzieWebinarコンプライアンス訴訟・調査

【Webinar動画】摘発再開!こう備える、バイデン政権下の反トラスト法およびFCPAの政府執行 Part1

2021年10月21日(木)開催済 ベーカー&マッケンジー法律事務所 / FRONTEO共催

【ログイン後、10/21開催セミナーの資料がダウンロード可能です。】

受講のポイント

会員のみ、視聴いただけます。

弁護士事務所の同業者及びフリーメールアドレスの方はご登録をご遠慮いただいております

会員登録・ログイン

【下部フォームより、10/21開催セミナーの資料がダウンロード可能です。】

受講のポイント

バイデン政権下での連邦政府の執行に対する準備は万全でしょうか?バイデン政権では、反トラスト法及びFCPAともに厳格な域外適用を含めた執行方針が明確にされておりますが、コンプライアンス実現に向けた教育研修、体制構築は完了済みでしょうか。トランプ前政権は国内経済最優先を掲げ、反トラスト法の執行はGAFAが中心であり、カルテルの域外執行は2017年以降殆ど実施されず、他方、FCPAは厳格な執行が続いてたものの、政権交替もあり、執行が停滞していましたが、ここへきていずれの執行も再開をされています。本ウェビナーでは、現状を整理するとともに、日本企業にとっての重要な問題点及び対策を解説します。Part1では、反トラスト法について取り上げます。

Part1 プログラム

バイデン政権下での反トラスト法施行
– 米国における競争政策
– 競争当局の布陣
– 競争促進大統領令及びその他の大統領令
– 米国司法省の執行
– 日本企業にとって注意すべき論点
– 現状に対する対応策

講師

ベーカー&マッケンジー法律事務所 パートナー弁護士 井上朗(Ph.D.)

井上朗弁護士
20年以上にわたり、米国訴訟及び反トラスト法・競争法案件で、多数の日本企業を代理する。Antitrust and Competition Law Firm of the Year(2020)、Chambers Asia (2010-2021)、Legal 500 (2019-2021)、Who’s Who Legal (2016-2021)及びThe Best Lawyers in Japan (2017-2020)、Asia Business Law Journal List of Japan’s top 100 lawyers (2020)において反トラスト法部門の「Leading Individual」に選出されている。日本経済新聞社弁護士ランキング2018年(国際経済法・通商法分野)第9位。

baker_mckenzie事務所紹介

ベーカー&マッケンジー法律事務所

世界46カ国に77のオフィスを有し、弁護士数6000名以上を要する、世界最大の法律事務所の1つ。東京オフィスは、1972年に開設され、外資系法律事務所では、日本で最も歴史の古い外資系法律事務所であり、国際訴訟からM&Aまで、フルレンジのサービスを提供している。

資料ダウンロード/お問い合わせ

こちらからダウンロードやお問い合わせ頂けます。
区分を選択し必須項目を入力していただき送信ボタンを押下してください。

Show More
Back to top button
ja 日本語
X