Baker Mckenzie動画ALL情報管理法令

データビジネスを構築する場合の留意点

ベーカー&マッケンジー法律事務所

データビジネスにより、収益を上げようとする場合、法律上、どのような問題点があるのでしょうか。

SDGが叫ばれる中、また、コロナ禍により、実体経済の先行きが不透明な中、データという無体財産を価値あるサービスに変えることを、どの事業会社でも考えていることと思われますが、実際に、サービス提供して収入を上げる上で、どのような法的問題点を克服する必要があるのでしょうか。

会員のみ、視聴いただけます。

弊社及び弁護士事務所の同業者の方等はご登録をご遠慮いただいております

会員登録・ログイン

ページ下部のフォームから資料をダウンロードいただけます


データビジネスにより、収益を上げようとする場合、法律上、どのような問題点があるのでしょうか。

SDGが叫ばれる中、また、コロナ禍により、実体経済の先行きが不透明な中、データという無体財産を価値あるサービスに変えることを、どの事業会社でも考えていることと思われますが、実際に、サービス提供して収入を上げる上で、どのような法的問題点を克服する必要があるのでしょうか。

本動画では、既に欧州にて議論が開始されているデータビジネスの問題点につき、個人情報、営業秘密及び競争法の観点から、問題点の概要を事例とともに解説します。

baker_mckenzie

Baker & McKenzie (Gaikokuho Joint Enterprise)

ベーカー&マッケンジー法律事務所

パートナー 井上 朗 弁護士

20年以上にわたり、クロスボーダー性の高い独占禁止法・競争法案件に一貫して対応してきており、これら分野では国内外の企業及び政府関係者から高い評価を受けている。米国司法省との司法取引における日本企業のDefense Counsel経験は15年以上に及び、これまで12件の司法取引を纏めている。また、日本の刑事事件において無罪判決を取得した経験も有する(東京地裁平成21年(わ)第2096号事件)。日本企業を代理した国際カルテル案件のLead Counselを10年以上に渡り努め、直近のUnited States v. KYB Corporationでは、反トラスト法では歴史上2回目となるCompliance Creditを勝ち取り、40%の罰金額の減額に成功する。Chambers Asia、Who’s Who Legal 及び The Best Lawyers in Japan において反トラスト法部門の「Leading Individual」に選出されている。日本経済新聞社弁護士ランキング2018年(国際経済法・通商法分野)第9位。EU競争法の手続と実務(全訂版)(民事法研究会)等、反トラスト法・競争法分野における著書・論文102本以上。

関連動画

英文契約見直し必須!摘発強化!EU競争法のオンライン取引規制
データビジネスを構築する場合の留意点
EU競争法の管轄権
EU競争法の存在意義
EU競争法の体系
正しく理解しよう『Attorney-Client Privilege』
米国訴訟におけるeディスカバリの実務
米国訴訟の全体像
改正独禁法に伴う調査協力減算規則案の全貌と留意点
弁護士紹介:井上 朗 弁護士
ベーカー&マッケンジー法律事務所のご紹介

資料ダウンロード・お問い合わせ

資料ダウンロードやお問い合わせはこちらから行えます。下記フォームの区分から、ご希望の項目をお選びください。

Tags
Show More
Back to top button
Close
Close