Covington & Burling LLPE-Discovery動画ALL

Triggering the Duty to Preserve

Covington & Burling LLP

字幕表示:動画下部の「cc」から字幕をお選びいただけます
なお日本語訳は機械翻訳で行っています

ページ下部のフォームから資料をダウンロードいただけます


会員のみ、視聴いただけます。

弊社及び弁護士事務所の同業者の方等はご登録をご遠慮いただいております

会員登録・ログイン

字幕表示:動画下部の「cc」から字幕をお選びいただけます
なお日本語訳は機械翻訳で行っています

ページ下部のフォームから資料をダウンロードいただけます


米国における文書開示(ディスカバリ)は、他の司法管轄区と比較してとても広範です。データ保全の義務は当事者が訴訟を合理的に予期している場合に発生しますが、その法的義務を理解し、記録の証拠開示を制限、主張と防御をサポートする十分な証拠開示を得るためには、経験豊富な法律顧問を雇うことが必要です。

COVINGTON

Covington & Burling LLP

コビントン・バーリング法律事務所

コビントン・バーリング法律事務所は、1919年に米ワシントンDCで設立され、現在世界13か所に拠点を持ちます。国際的に著名かつ専門性の高い1,200人超の弁護士を擁し、卓越した法律サービスおよび戦略的なアドバイスを提供するその対応力は極めて高い評価を受けています。政府高官経験者を100人以上有しており、会社法、訴訟、捜査の分野に精通するだけでなく、政策および政策立案者に関するその深い見識と、規制に関する包括的なアドバイジングサービスの質の高さには世界的にも定評があります。

グローバル・コンペティション・レビューより過去何度も「GCRが選ぶグローバルエリート100」に選出されており、独禁法に関しては2015~19年にかけて毎年世界トップ20に選ばれています。アメリカン・ローヤーズから何度も「Aリスト」に選出されている他、コーポレート・ボード・メンバーよりアメリカズ・ベスト・コーポレート・ロー・ファームのジェネラル・カウンセル部門で全米トップ25にランク入りしています。

これまで数多くの日本の企業、通商団体、政府機関をクライアントとしており、日本担当部を通じて日本との関係をさらに深め、より的確なニーズ対応ができるよう努めています。


Todd Takashi Itami 弁護士

スペシャル・カウンセル

トッド・イタミは、幅広い訴訟や調査案件において、電子証拠開示(eディスカバリ)および訴訟データを駆使する領域を中心に業務を行っています。特に、保険金回収、独占禁止法、特許訴訟、複雑な商業訴訟などの経験があります。また、ソフトウェア開発の経験もあり、ディスカバリや裁判実務のさまざまな面で、ソフトウェアを活用したソリューションを提供しています。

キャリアの初期には、ブランディング、ウェブプログラミング、IT統合を中心としたビジネス開発グループを所有・運営していました。また、南アメリカの健康問題やインフラ問題に取り組む国際NGOの設立など、さまざまなスタートアップやEコマースの事業に携わってきました。


資料ダウンロード・お問い合わせ

資料ダウンロードやお問い合わせはこちらから行えます。
下記フォームの区分から、ご希望の項目をお選びください。

Show More
Back to top button
ja 日本語
X