Davidson Berquist Jackson & Gowdey LLP動画ALL知的財産訴訟・調査

Lack of Patentable Subject Matter Litigation Strategies

Davidson Berquist Jackson & Gowdey LLP

ページ下部のフォームから資料をダウンロードいただけます

会員のみ、視聴いただけます。

弁護士事務所の同業者及びフリーメールアドレスの方はご登録をご遠慮いただいております

会員登録・ログイン

ページ下部のフォームから資料をダウンロードいただけます

本動画では、Davidson Berquist Jackson & Gowdey LLPPのエリック・カーシュ弁護士が、特許無効の抗弁を主張する方法、この抗弁を主張するのに最適な地区に関する統計、および連邦巡回区控訴裁判所により特許性がないとされたクレームの例について説明します。

講師

Davidson Berquist Jackson & Gowdey LLP パートナー
エリック・D・カーシュ 弁護士

エリック・D・カーシュは、ジョンズ・ホプキンス大学を卒業し、電気工学の学士号を取得しました。 電気技師として、メリーランド州コロンビアにあるBDM社でソフトウェアを作成し、ペンシルバニア州フィラデルフィアにあるゼネラル・エレクトリック社の宇宙部門で電子機器を設計しました。

その後、ピッツバーグ大学ロースクールに入学し、Law ReviewのNotes and Comments Editorを務め、優秀な成績で卒業しました。卒業後、数年間の個人開業を経て、フィラデルフィア地方検事局の地方検事補となり、常習犯ユニットのメンバーとして、裁判官や陪審員の前で重大な重罪事件を裁きました。

その後、Fish & Neave法律事務所にアソシエイトとして入社し、さまざまな特許侵害事件を担当しました。その後、Cooper & Dunham法律事務所にオブ・カウンセルとして入社し、ニューヨーク市のCooper & Dunham法律事務所のパートナーとなりました。Cooper & Dunhamのパートナーとして、エリックは特許侵害裁判に参加し、マークマン・ヒアリング、リミット・モーション、サマリー・ジャッジメント・ヒアリングを行い、地方裁判所および連邦巡回控訴裁で勝訴しました。

エリックは、東京の株式会社ニコンにIPチーフカウンセルとして入社し、多くの特許訴訟弁護およびアサーション・ディフェンス・チームを指揮し、多くの複雑なライセンスを起草し、複雑で国境を越えた米国のIP問題に関してニコンに助言を与えました。

事務所紹介

デイビッドソン・バークイスト・ジャクソン・アンド・ゴウディLLP

Davidson Berquist Jackson & Gowdey LLP

Davidson Berquist Jackson & Gowdey LLP(以下DBJG)は、DCメトロエリアに拠点を置く、フルサービスの知的財産権法律事務所です。当事務所の弁護士は、電気工学、機械工学、化学工学の教育を受け、15年以上の経験を有しています。

DBJGの弁護士は、他の多くの事務所とは異なり、主にパートナーとして活動しています。DBJGの弁護士は、他の事務所とは異なり、パートナーが中心となって活動しています。それぞれのクライアントに対して、特許法の専門知識と訴訟の経験を生かして、最高品質の弁護士作品を提供します。

私たちは、クライアントのビジネス目標を守るための法的戦略の開発と実行で知られ、尊敬されています。DBJGは、知的財産法のあらゆる分野を取り扱っていますが、特に、複雑な特許訴訟や世界中の知的財産権の調達に力を入れています。

資料ダウンロード/お問い合わせ

こちらからダウンロードやお問い合わせ頂けます。
区分を選択し必須項目を入力していただき送信ボタンを押下してください。

Show More
Back to top button
ja 日本語
X