FRONTEO不正調査動画ALL

人工知能AIを活用した実践的な企業内調査 後編

株式会社FRONTEO

ログイン後、資料をダウンロードいただけます

デジタル・フォレンジック調査の成否を分けるポイントは、最初の作業工程である「データ収集(証拠保全)」を適切に行うことにあります。人工知能(AI)など高度の解析技術をもってしても適切な証拠データが収集できていなければ有効な調査とはなりません。

会員のみ、視聴いただけます。

弁護士事務所の同業者及びフリーメールアドレスの方はご登録をご遠慮いただいております

会員登録・ログイン

ページ下部のフォームから資料をダウンロードいただけます

デジタル・フォレンジック調査の成否を分けるポイントは、最初の作業工程である「データ収集(証拠保全)」を適切に行うことにあります。人工知能(AI)など高度の解析技術をもってしても適切な証拠データが収集できていなければ有効な調査とはなりません。

当動画では、企業担当者が留意すべき有事の際のデジタル端末の取扱いに関して解説します。また、人工知能(AI)を活用した調査と従来手法の中心であったキーワード検索主体の調査との相違点を解説し、短期間で網羅性のある調査が実現できた事例をご紹介します。最後に人工知能(AI)を活用したドキュメントレビュー品質チェックの高度化、効率化の取り組みと実案件における効果について解説します。

資料ダウンロード/お問い合わせ
こちらからダウンロードやお問い合わせ頂けます。
区分を選択し必須項目を入力していただき送信ボタンを押下してください。

Show More
Back to top button
ja 日本語
X