E-DiscoveryLitigation Support SpecialistsSullivan & Cromwell LLPWebinarWinston & Strawn LLPプライバシー法

【Webinar資料ダウンロード可】 eDiscovery概観とクロスボーダー事案のためのデータプライバシー

2022年1月13日(木) 9:30 開催 Litigation Support Specialists / FRONTEO共催

【ログイン後、1/13開催セミナーの資料がダウンロード可能です。】

受講のポイント

会員のみ、視聴いただけます。

弁護士事務所の同業者及びフリーメールアドレスの方はご登録をご遠慮いただいております

会員登録・ログイン

【下部フォームより、1/13開催セミナーの資料がダウンロード可能です。】

受講のポイント

データプライバシーに関する様々な規制により、企業は業務上受け取った様々な種類の機密データを追跡・開示する厳しい義務を負っています。これらのセンシティブなデータには、個人データや個人を特定できる情報(PII)などが含まれます。
データプライバシーに関する義務は、あらゆるデータ収集活動の開始時、通常はあらゆるデータのレビュー前に発生します。多くの多国籍企業も、機密データの追跡に関して同様の義務を負っています。
こうした義務を満たし、個人データカテゴリーの存在をできるだけ早く追跡するために、組織は、事業を行う管轄区域の国内プライバシー法を遵守しなければなりません。
このウェビナーでは、米国を拠点とする経験豊富な訴訟支援ディレクター2名が、規制当局の調査や米国裁判所での訴訟に巻き込まれた日本企業に関連し、電子証拠開示とデータプライバシーについて講演を行う予定です。

<トピック>
・日本企業のためのeDiscovery概観
・訴訟と調査におけるデータ・プライバシーの問題
・パネルディスカッション

講師

Scott M. Cohen (Winston & Strawn LLP)
Managing Director

Scott M. Cohen は、Winston & Strawn LLP の E-Discovery & Information Governance 担当マネージング・ディレクターです。
Cohen は、当事務所の訴訟技術、実務およびクライアントサービス、電子証拠開示業務、文書審査センターのすべての面を監督しています。そのキャリアを通じて、法律事務所や企業の法務部門があらゆる法律業務分野で効果的にテクノロジーを活用できるよう、コンサルティング業務に従事してきました。 eディスカバリ、複雑なデータ分析、訴訟準備に重点を置き、複雑な訴訟における証拠開示に関する幅広いトピックについて、同事務所の弁護士やクライアントにアドバイスを行っています。 eディスカバリのベストプラクティスや法務コストの管理から、法務組織におけるリーダーシップ開発、パフォーマンス管理、スタッフの指導に至るまで、さまざまなテーマについて頻繁に執筆や講演を行っています。Winston & Strawn入社以前は、プロスカウアー・ローズ法律事務所のプラクティスサポートディレクターとして、同事務所のプラクティスサポート部門の開発・運営を担当しました。 また、MetLife社では、情報技術担当ディレクターとして、大規模かつ地理的に分散している同社の法務、記録、内部監査部門に技術および訴訟支援サービス全般を提供する責任を担っていました。
Cohenは、The Sedona Conference Working Group on Electronic Document Retention and Productionのメンバーであり、Cleveland-Marshall College of Law Electronic Discovery Certificate Programの非常勤講師を務めています。 また、Association of Certified eDiscovery Specialistsの諮問委員会メンバー、International Legal Technology Association Litigation Support Community、Association for Information and Image Management、American Records Management Associationのメンバーとして活躍しています。

Brad Schaffel (Sullivan & Cromwell LLP)
eDiscovery and Litigation Support Manager

Brad Schaffelは、Sullivan & Cromwell法律事務所のElectronic Discovery and Litigation Support部署で2017年11月からマネージャーを務めています。同氏は、法務分野におけるさまざまなレベルのプロジェクト管理において30年以上の経験を有しています。
経験豊富な専門家のチームを作ることを任されたShaffel氏は、社内のリーガルテクノロジーコンサルタントとしてだけでなく、優れたプロジェクトマネージャーや技術者としても活躍できる一流の人材を集めた部署を作ることに成功しました。また、タスクの自動化やワークフローの改善にも継続的に取り組んでいます。増大するディスカバリーリクエストの規模や複雑さに対応することは、常に注意を払わなければならない継続的な課題です。現在の担当業務は、保全と訴訟ホールドのプロセスを監督し、クライアントから受け取る機密データを記録・追跡することです。 また、チームによる日々のディスカバリーコンサルテーションやプロジェクトマネジメントの監督・管理も担当しています。

事務所紹介

Winston & Strawn LLP

160年以上にわたりWinston & Strawn LLPは、ほぼすべての業界においてクライアントの信頼できるアドバイザーとして貢献してきました。この間、慎重な成長と財政管理により、非常に幅広くグローバルなリーチを持つ法律事務所を築き上げました。この成功は、当事務所の弁護士たちの創造性、柔軟性、豊富な経験、そして献身的な努力の賜物です。中でも当事務所にとって最も意味のある賞賛は、クライアントからの継続的な信頼と信用です。

Sullivan & Cromwell LLP

Sullivan & Cromwell LLPは、世界中のクライアントに最高品質の法的アドバイスと代理業務を提供しています。140年以上にわたり、他の法律事務所とは一線を画し、現代の法律業務の模範となってきました。今日では、各主要業務分野および各地域の市場において、リーダー的存在となっています。
S&Cでは、広範かつ深い知識・経験を持つ質の高い弁護士が地理的に分け隔てなく、一つのパートナーシップとして活動しています。S&Cは、トップレベルのロースクールを卒業した優秀な人材を採用し、幅広い業務分野のジェネラリストとして育成しています。ほとんどの場合、自社のアソシエイトから弁護士をパートナーに登用しているため、多様な経験、卓越した専門的判断、そして実証された革新の歴史を持つパートナーシップが生まれています。

資料ダウンロード/お問い合わせ

こちらからダウンロードやお問い合わせ頂けます。
区分を選択し必須項目を入力していただき送信ボタンを押下してください。

Show More
Back to top button
ja 日本語
X