Saito Law Groupその他動画ALL訴訟・調査

アメリカ訴訟弁護士が語る ~米国史上最強の訴訟弁護士の最終弁論 (英語の名スピーチに学ぶ)~

Saito Law Group

米国で活躍する日本人弁護士が、激動の時代を迎えたビジネスに鋭く切り込みます。

会員のみ、視聴いただけます。

弊社及び弁護士事務所の同業者の方等はご登録をご遠慮いただいております

会員登録・ログイン

米国で活躍する日本人弁護士が、激動の時代を迎えたビジネスに鋭く切り込みます。

英語のスピーチを法務視点で観てみよう、第1回目は「米国史上最強の訴訟弁護士の最終弁論」です。齋藤弁護士が最強の訴訟弁護士として挙げるのが、およそ100年前に「進化論裁判」で名を馳せたクラレンス・ダロウ弁護士です。ダロウ弁護士の最終弁論とはどのようなものだったのでしょうか。

ダロウ弁護士の最終弁論

I am pleading for the future; I am pleading for a time when hatred and cruelty will not control the hearts of men. When we can learn by, reason and judgment and understanding and faith that all life is worth saving, and that mercy is the highest attribute of man.

Saito Law Group

Saito Law Group PLLC

齋藤 康弘 弁護士

米国における企業訴訟、企業不祥事、ホワイトカラー犯罪弁護、企業顧問

齋藤 康弘 弁護士

慶応義塾大学法学部法律学科卒(1989年)、St. John’s University Law School (JD、1992年)。連邦裁判官ロークラーク(ニューヨーク西部地区、1992年から1994年)(通常は米国市民権保有者のみに許されるポジションに特例で任官)。ニューヨーク大手法律事務所(Carter Ledyard & Milburn、 Hughes Hubbard & Reed)の訴訟部パートナーや訴訟プラクティス部門リーダーを歴任(1994年から2011年)。企業訴訟・不祥事対応および企業の米国顧問に特化したSaito Law Group法律事務所を設立(2011年)。企業の重要な訴訟案件において実際に法廷に立って弁護を行ってきた数少ない日本人弁護士。対応した著名案件は、アーサーアンダーセン、リーマンブラザーズ、オリンパス、米国イラン人質交換事件、等と多数。米国企業顧問として、法的リスク管理や内部統制・コンプライアンス・規制遵守のアドバイスを頻繁にする他、各種コーポレート案件における代理経験も豊富。講演等も多く、企業への法務セミナーの開催に加え、ニューヨークのロースクールや弁護士会でトライアル(審判)での弁論技術を教える講師も務めている。母校ロースクールでは奨学金を設立し後進を育成。


お問い合わせ
コンテンツ内容や資料に関してご不明な点やご質問等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。また、聞きたいトピックなどのご要望も頂けますと幸いです。(日本語・英語いずれも可)

Show More
Back to top button
ja 日本語
X