Wilson Sonsini Goodrich & Rosati動画ALL独占禁止法/競争法

Introduction to U.S. Antitrust Law「Part 2 反競争的合意」

Wilson Sonsini Goodrich&Rosati

ウィルソン・ソンシーニの反トラスト部門のパートナーであるケネス・オルーク弁護士が、米国の反トラスト法について全4回で解説します。

会員のみ、視聴いただけます。

弁護士事務所の同業者及びフリーメールアドレスの方はご登録をご遠慮いただいております

会員登録・ログイン

字幕表示:動画下部の「cc」から字幕をお選びいただけます
なお日本語訳は機械翻訳で行っています

ウィルソン・ソンシーニの反トラスト部門のパートナーであるケネス・オルーク弁護士が、米国の反トラスト法について全4回で解説します。

第2回目の本動画では、反競争的合意に関する連邦反トラスト法であるシャーマン法第1条の概要を解説します。ここでは、反競争的合意を証明するための要素について説明し、状況により違法とされうる競合業者間のさまざまな種類の合意について解説します。

Kenneth R. O’Rourke

ケネス(ケン)・オルーク 弁護士

ウィルソン・ソンシーニの反トラスト部門のパートナーとして、複雑な訴訟やリスクの高い米国内外の紛争解決、政府当局調査における弁護に重点的に携わっています。ワシントンDCを拠点とし、カリフォルニア州でも引き続き業務を行っています。

30年以上に渡り、複数の管轄におよぶ民事訴訟、集団訴訟、「社運を賭けた」訴訟、政府規制当局による調査、企業結合訴訟、リスクの高い反トラスト・知的財産紛争において、国際的な案件を含め大手・新興企業を代理してきました。これまでに、集団訴訟や国際的な価格カルテルの後続訴訟、独占や独占の企図に関する事例、政府規制当局や民間係争者に申立てられた保留中の企業結合、合理的で被差別的な (RAND) 条件に基づく標準必須特許 (SEP) のライセンス拒否に関する知的財産紛争、リバース・ペイメントによる特許和解のため後発医薬品の参入遅延を訴える製薬関連反トラスト訴訟などを取り扱ってきました。

カリフォルニア州およびワシントンDCの弁護士資格を有し、またイングランド・ウェールズ上法院およびアイルランド共和国の事務弁護士(非実務)でもあります。

Wilson Sonsini Goodrich&Rosati

ウィルソン・ソンシーニ

ウィルソン・ソンシーニは、国際的なトップクラスの法律事務所として、テクノロジー、ライフサイエンス、成長企業にリーガルサービスを提供しています。当法律事務所は、バイオテクノロジー、通信、デジタルメディア、エネルギー、金融サービス、インターネット、医療機器、モバイル、ソフトウェアなど多様な業界の、新興企業から数十億ドルのグローバル企業(公開企業300社以上、非公開企業3,000社以上)まで幅広いクライアントを代理し、企業の展開のあらゆる段階において多岐に渡る分野のサービスを提供しています。1961年の設立以来、主要テクノロジー、ビジネス、規制の要となる米国内、中国、ヨーロッパなど全世界16拠点で業務を行っています。

反トラスト・競争法 - 競争法分野における国際的な大手法律事務所として広く認知されているウィルソン・ソンシーニは、ワシントン、ニューヨーク、シリコンバレー、ブリュッセルに拠点を置き、企業の社運を賭けた最も重要な訴訟、合併の審査、カルテル訴訟において、当事務所ならではの体制でクライアントの皆様を支援することができます。当事務所の独占禁止法担当チームの弁護士は、価格、流通、垂直的制限行為、標準化の取り組み、合弁事業、パテントプールなどの様々な問題やコンプライアンスについて、クライアントの皆さまに定期的にアドバイスを提供いたします。当法律事務所には米司法省、連邦取引委員会、欧州委員会やその他の競争規制当局や法廷における独占禁止法の事案において米国や世界のクライアントの代理を務めてきた豊富な実績があります。

お問い合わせ
コンテンツ内容や資料に関してご不明な点やご質問等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。また、聞きたいトピックなどのご要望も頂けますと幸いです。(日本語・英語いずれも可)

Show More
Back to top button