動画ALL危機管理・内部統制

「ゼロリスク」から「リスクマネージメント」へ

長島・大野・常松法律事務所

企業の不正に関するニュースが相次ぐ昨今、企業のコンプライアンスが問われる事態となっています。従来の我が国におけるコンプライアンス問題の捉え方は、不正は起こってはならないもの、という“ゼロリスク”を求める傾向が強くあるように思われます。

会員のみ、視聴いただけます。

弊社及び弁護士事務所の同業者の方等はご登録をご遠慮いただいております

会員登録・ログイン

企業の不正に関するニュースが相次ぐ昨今、企業のコンプライアンスが問われる事態となっています。従来の我が国におけるコンプライアンス問題の捉え方は、不正は起こってはならないもの、という“ゼロリスク”を求める傾向が強くあるように思われます。

本動画ではその発想を若干転換し、企業不祥事・企業犯罪は起こるものである、というリスクマネージメントの発想をベースとしたアプローチについて解説いたします。

長島・大野・常松法律事務所

パートナー 深水 大輔 弁護士

2008年長島・大野・常松法律事務所入所。2012年に公認不正検査士資格を取得。
2015年には英国King’s College LondonにおいてEU競争法を学び、その後、Kirkland & Ellis LLPのシカゴオフィスにて、ホワイトカラークライム等の分野を中心とした1年間の研修を経て2016年10月帰国。
危機管理・企業不祥事対応、コンプライアンス、競争法、金融レギュレーションなどの分野でグローバルな当局対応を含む大型企業事件を多数手がける。信州大学特任准教授として、国内外で企業犯罪に関する研究活動も行う。

お問い合わせ
コンテンツ内容や資料に関してご不明な点やご質問等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。また、聞きたいトピックなどのご要望も頂けますと幸いです。(日本語・英語いずれも可)

Tags
Show More
Back to top button
Close
Close