プライバシー法個人情報 / プライバシー動画ALL森・濱田松本法律事務所訴訟・調査

米国カリフォルニア州消費者プライバシー法(CCPA)実務対応の基礎①~概要、違反の効果、適用範囲、TO DO等~

森・濱田松本法律事務所

会員のみ、視聴いただけます。

弊社及び弁護士事務所の同業者の方等はご登録をご遠慮いただいております

会員登録・ログイン

ページ下部のフォームから資料をダウンロードいただけます

本動画では、CCPA実務対応の基礎(概要、違反の効果、適用範囲、TO DO等)について解説をします。今までCCPA対応に着手しようとしつつ手が回っていなかった企業の皆様や、既にCCPA対応をスタートしたがうまくいっていない企業の皆様に適した内容となっております。本動画は、2020年7月に収録したものとなり、その後の2020年10月までのアップデートは、「米国カリフォルニア州消費者プライバシー法(CCPA)の最新動向」をご覧下さい。なお、本動画中で言及のある応用編については、今回は、配信をしておりません。

森・濱田松本法律事務所

当事務所は、国内外の事業環境が大きく変化する中、あらゆる分野に卓越したサービスを提供する総合事務所として、日々たゆまぬ研鑽と変革を図り、クライアントの皆様と共に成長することに努めて参りました。分野・世代をリードする個々の弁護士の力量を核に、数多くの弁護士・スタッフを擁する組織としての経験・知識・ノウハウを発揮し、クライアントの皆様に最良の結果をご提供することを旨とし、Firm of Choice(選ばれる事務所)であり続けるためにチーム一丸となって対応して参ります。

パートナー 田中 浩之 弁護士

個人情報、知的財産、ITを3本柱とする。日本の個人情報保護法の平時・有事対応及び欧州GDPR・米国CCPA・タイPDPA等のグローバルデータ保護法案件を数多く手掛けており、日本企業の実情と執行リスクを踏まえたリスク・ベースド・アプローチによる助言を心がけている。

「令和2年改正個人情報保護法Q&A」(中央経済社/2020年7月、共著)「事例で学ぶ個人情報保護法の最新実務」(会社法務A2Z連載、共著)、「実務担当者のための欧州データコンプライアンス~GDPRからeプライバシー規則まで~」(2019年、商事法務、共著)等著作多数。日本経済新聞社による「企業法務・弁護士調査」の2019年に活躍した弁護士ランキングにおいて、データ関連分野で企業が選ぶ弁護士第5位に選出。

資料ダウンロード・お問い合わせ

資料ダウンロードやお問い合わせはこちらから行えます。下記フォームの区分から、ご希望の項目をお選びください。

Show More
Back to top button
ja 日本語
X