動画ALL危機管理・不祥事対応牛島総合法律事務所

営業秘密を保護するための社内体制と社内規程の作り方 第2回:「営業秘密管理指針」と「秘密情報の保護ハンドブック」

牛島総合法律事務所

ログイン後、資料をダウンロードいただけます

2015年1月28日に全面改定された経済産業省の「営業秘密管理指針」が2019年1月23日にも改定されており、さらに本年(2022年)5月には「秘密情報の保護ハンドブック」も改定されるなど、営業秘密の保護に注目が集まっています。

会員のみ、視聴いただけます。

弁護士事務所、当社の同業者及びフリーメールアドレスの方はご登録をご遠慮いただいております

会員登録・ログイン

ページ下部のフォームから資料をダウンロードいただけます

2015年1月28日に全面改定された経済産業省の「営業秘密管理指針」が2019年1月23日にも改定されており、さらに本年(2022年)5月には「秘密情報の保護ハンドブック」も改定されるなど、営業秘密の保護に注目が集まっています。

今回は、全3回の動画で、不正競争防止法に関する基本的な知識を確認した後、会社の営業秘密を保護するための社内体制と社内規程を整備する際のポイントについて、規程のひな形や個別の条項例を示しながら解説していきます。第2回のテーマは「営業秘密管理指針」と「秘密情報の保護ハンドブック」です。

講師

牛島総合法律事務所 シニア・アソシエイト 小坂 光矢弁護士

2011年3月東京大学法学部卒業。2013年3月中央大学大学院法務研究科修了。主要な取扱分野として、個人情報/プライバシー、情報管理/サイバーセキュリティ、システム開発法務など。近時の著作等として、「電子契約の特徴を踏まえた導入時の留意点について」(日本知的財産協会「知財管理」Vol.71 No.8(No.848))、「【連載】今日からはじめる 情報セキュリティ対策」(労務事情2021年11月~) 、「令和4年施行改正個人情報保護法対応の勘所」(りそなーれ2021年12月号)など。

資料ダウンロード/お問い合わせ
こちらからダウンロードやお問い合わせ頂けます。
区分を選択し必須項目を入力していただき送信ボタンを押下してください。

Show More
Back to top button
ja 日本語
X