AIメール監査

FRONTEOのAIメール監査サービスは不正の予兆を発見します

AIの活用によりメール監査の効率化を実現します

メールやチャットは、現在のビジネスにおいてなくてはならないコミュニケーションツールです。
企業の不祥事問題の予兆がメールに隠れているケースが多いため、企業の不祥事を未然に防ぎ、被害を最小化するための有効な方法としてメール監査があります。
しかしながら、企業内で人の手で大量かつ膨大なメールのデータを分析をするのには限界があります。
なぜなら、一般的な監査ツールが提供するキーワード検索では、膨大な検索結果が出てきたり、見つけることができなかったりします。
本当に怪しいメールの場合、注意すべきもしくは、不正を示す文章かどうかを判断するのは非常に難しく、 見過ごす可能性の方が高いのです。また、それを判別できるようなスキルを持った人を、企業の内部に何人も確保する事も難しいと言えるでしょう。
FRONTEOでは、数多くの国際訴訟や不正調査案件で企業様からの信頼を得てきたプロフェッショナルチームが、AIによる言語解析市場シェア1位を獲得している弊社独自開発の人工知能エンジン「KIBIT」を活用し、問題の予兆や不穏な動きの早期発見と早期対応のための有効な手段を提供します。

AIメール監査の概要

ポイント

AIが判断した重要度の高いものから見ることで、すばやい対応が可能に

FRONTEOの強み

価格

調査対象となるデータ容量(メールの総容量)によって価格は変動します。
対象者の人数は3名など少人数から、100名以上の大人数でも対応可能でお気軽にご相談ください。