eディスカバリTMIプライバシー&セキュリティコンサルティング株式会社動画ALL危機管理・内部統制情報管理独占禁止法・競争法

米国のカルテル調査におけるeディスカバリ

TMIプライバシー&セキュリティコンサルティング株式会社

日本の企業が米国で訴訟に巻き込まれるケースとして、カルテル、独占禁止法に関係するものが少なくありません。

会員のみ、視聴いただけます。

弊社及び弁護士事務所の同業者の方等はご登録をご遠慮いただいております

会員登録・ログイン

日本の企業が米国で訴訟に巻き込まれるケースとして、カルテル、独占禁止法に関係するものが少なくありません。

当動画ではこうした米国でのカルテル調査におけるeディスカバリについて、どのような企業が調査の対象となるのか、カルテル調査はどのように始まるのか、その時企業が取るべき対応はといった点を、TMIプライバシー&セキュリティコンサルティング株式会社取締役の戸田弁護士と、当社の牧田が対談形式でわかりやすく解説します。

関連動画

グローバルコンプライアンスにおけるSDGs/ESG(9/23公開予定)
米国のカルテル調査におけるサンクションについて
米国のカルテル調査におけるeディスカバリ
平時と有事、二種類の協業サービスのご紹介
米国民事訴訟特有の制度「eディスカバリ」とはどのような制度なのか
シリーズ 企業の内部不正におけるデジタルフォレンジック調査 / 不正な残業代の請求編
シリーズ 企業の内部不正におけるデジタルフォレンジック調査 / 外部委託先からの個人情報の漏えい編
シリーズ 企業の内部不正におけるデジタルフォレンジック調査 / 事後対応編
シリーズ 企業の内部不正におけるデジタルフォレンジック調査 / データの復元編
シリーズ 企業の内部不正におけるデジタルフォレンジック調査 / 平時の対応編

お問い合わせ
コンテンツ内容や資料に関してご不明な点やご質問等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。また、聞きたいトピックなどのご要望も頂けますと幸いです。(日本語・英語いずれも可)

Tags
Show More
Back to top button
Close
Close