のぞみ総合法律事務所

のぞみ総合法律事務所は、「依頼者の”のぞみ”を叶える専門家集団」として、常に [Best for Clients] を目指しています。
ビジネスも法律もますます専門化が進み、さらに、従来のビジネスや法分野の垣根にとらわれない新しい領域も次々と生まれる中、依頼者のニーズを的確に把握し、依頼者の期待をもう一歩超えるサービスを提供するには、各法分野やビジネス領域に関する高度の専門性を備えることが必須となります。
のぞみ総合法律事務所には、検察庁、金融庁、日本銀行、証券取引等監視委員会、公正取引委員会、消費者庁、個人情報保護委員会等、当局の最前線での実務経験を積んだ弁護士が多数在籍し、当局への出向を通じて、机上のものにとどまらない活きた専門性の追求を常に目指しています。また、当局のみならず、企業内・自治体内等の組織内弁護士としての経験や、海外ローファームへの出向経験を重視しています。セミナーや執筆などの情報発信を積極的に行っているのも、常に最新の情報のインプット・アウトプットを意識しているからこその取組みです。どのような案件でも、スピードは重要です。
私たちは、専門性に裏打ちされた、スピード感ある進行を常に心がけています。同時に、中規模事務所ならではの柔軟性も重視しています。どの弁護士がチームで対応するか、費用体系をどうするか等、中規模であるからこその自由度を活かし、事案の性質や依頼者の事情に応じてフレキシブルに対応します。

本ページ下部にて、当事務所所属弁護士によるセミナーの講演内容を掲載中です。
※ 会員登録は現在無料ですが、登録時に氏名・メールアドレスその他のご入力が必要です。

Back to top button