FRONTEO不正調査動画ALL

人工知能AIを活用した実践的な企業内調査 前編

株式会社FRONTEO

ログイン後、資料をダウンロードいただけます

情報漏えい、企業統治、会計不正、暗号資産、労務問題。証拠の大半がデジタル化し、近時さまざまな事例の企業内調査にデジタル・フォレンジックが使われることが多くなりました。報道でも「デジタル・フォレンジック」を目にするようになった一方、デジタル・フォレンジックに関する日本のこれまでの裁判例は揺れ動いています。FRONTEOはデジタル・フォレンジックが必要となる様々な事案を20年弱対応する中で、調査対象となる電子データ量の増大と共に調査手法の進化も見てきました。

会員のみ、視聴いただけます。

弁護士事務所の同業者及びフリーメールアドレスの方はご登録をご遠慮いただいております

会員登録・ログイン

ページ下部のフォームから資料をダウンロードいただけます

情報漏えい、企業統治、会計不正、暗号資産、労務問題。証拠の大半がデジタル化し、近時さまざまな事例の企業内調査にデジタル・フォレンジックが使われることが多くなりました。報道でも「デジタル・フォレンジック」を目にするようになった一方、デジタル・フォレンジックに関する日本のこれまでの裁判例は揺れ動いています。FRONTEOはデジタル・フォレンジックが必要となる様々な事案を20年弱対応する中で、調査対象となる電子データ量の増大と共に調査手法の進化も見てきました。

当動画では、第三者委員会調査や会計監査、内部通報を起点とする不正調査に欠かせなくなったデジタル・フォレンジックの最前線に常に立つ立場から、現在の調査に不可欠となったAIの活用事例とその効果を解説します。

資料ダウンロード/お問い合わせ
こちらからダウンロードやお問い合わせ頂けます。
区分を選択し必須項目を入力していただき送信ボタンを押下してください。

Show More
Back to top button
ja 日本語
X