トレーニング

  1. HOME
  2. トレーニング
  3. デジタル・フォレンジック保全実践

初級Beginner

デジタル・フォレンジック保全実践

デジタル・フォレンジック捜査において、その後の捜査の成功可否を決めるのは、証拠保全です。保全実践トレーニングでは、デジタル・フォレンジックの基礎から、証拠保全を適切に行うために必要な手法を、実習を通して学習します。

トレーニング開講日程

随時個別でご相談を承ります

カリキュラム

1日目

  • フォレンジックの概念
    • ・デジタル・フォレンジックについて
    • ・適切なデジタル・フォレンジック実施に向けて
    • ・サイバー犯罪とフォレンジック
    • ・フォレンジックの作業フロー
  • デジタルデータとコンピュータの基礎知識
    • ・デジタルデータの基礎知識
    • ・コンピュータの基礎知識
    • ・データ管理の仕組み

2日目

  • 証拠保全概論とデジタルデータ押収
    • ・証拠保全概論
    • ・デジタルデータ押収に対する心得と準備
    • ・押収時の注意事項
    • ・証拠保全の準備・注意事項
    • ・押収/証拠保全ケーススタディ
  • 証拠保全実践
    • ・HDDの取り外しが可能なPC
    • ・HDDの取り外しが困難なPC
    • ・PC起動時/メディア
    • ・証拠保全中・実施後の注意事項
    • ・証拠保全実践(HW/SW)

※各日程とも、9:30~17:00のスケジュールとなります。

※カリキュラムは変更になる場合がございます。お問い合わせの際にご確認ください。

詳細情報

コース対象者
  • ・デジタル・フォレンジック捜査を行う部署に配属されたばかりの方
  • ・デジタル・フォレンジック捜査にかかわっており、自身の保全手法についてレベルアップを目指す方
  • ・デジタル・フォレンジック捜査にかかわる捜査員の育成を担当されている方
使用装置・ソフトウェア Image MASSter Solo-4
コース形式 受講者に対して1人1台のPCを用意、実際にソフトウェアを操作して学習。
習得できる知識スキル
  • ・デジタル・フォレンジックに関する概念と基本的な知識の習得
  • ・コンピュータに関する概念と基本的な知識
  • ・Windows OSの概要と仕組みについての理解
  • ・実践を通した証拠保全の手法の習得
  • ・ケーススタディによるさまざまな保全現場への対応手法の習得
  • ・HDD内に格納されたデジタルデータの特性/特徴とその取扱い方についての理解
  • ・誤った操作がデジタルデータに与える影響
受講料 お問い合わせください。

お問い合わせ

フォームからお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

03-5463-7577

株式会社FRONTEO リスクコンサルティング部