トピック解説/コラム

ディスカバリ入門:はじめに

あなたの会社が国際訴訟に巻き込まれる???

ここ数年、自動車部品や半導体など、メーカーを中心に多くの日本企業が国際訴訟に巻き込まれるケースが増えています。米国とビジネス上のやり取りのある企業であれば(企業や消費者との取引がある、米国内にビジネスの拠点がある)、多かれ少なかれ訴訟を起こされる可能性があるのです。当事者として巻き込まれる以外にも、子会社や親会社などが巻き込まれた訴訟に、第三者として関わることも十分に考えられるでしょう。

ひとたび訴訟に巻き込まれると、一定期間(意外と短い)のうちに、関連文書を提出しなければなりません。提出までには、保全・収集・検討という作業が必須となりますが、これを速やかに行うには、平時からの準備と、有事を想定したシミュレーションが欠かせません。

初動対応を誤ると、不必要な作業とコストがかかるだけならまだましで、関連性のあるメールを不用意に削除してしまったり破棄したりしてしまうと、制裁対象になってしまうこともあります。

FRONTEOは、2003年の創立以来、国際訴訟で大変な思いをしている企業様の支援サービスを提供してきました。そこで、これまでの訴訟支援の中でよく聞かれる質問に対する解や、企業の担当者があらかじめ知っておくといざという時に役に立つと思われるディスカバリ(証拠開示)手続きについて、ご紹介していきたいと思います。

グローバル化の現代、国際訴訟は、もはや他人事とは言っていられないところまできています。備えあれば憂いなし。FRONTEOと一緒に、必要な備えをしていきましょう。


1.  国際訴訟の対応は自社単独では難しい:  ディスカバリベンダー選びは人任せにしない!

    • 弁護士や現地法人任せのベンダー選びが危険な理由
    • 法律事務所が直接ベンダーを選びたがる理由
    • 正しいディスカバリベンダーの選び方

2.  ディスカバリベンダー選定に欠かせない3つの質問

    • 弁護士を測る目安になる3つの質問

3.  「単価」の詳細に要注意!   知らないと大損をするディスカバリ支援の見積のトリック

 

4.  こんなベンダーなら安心

5.  見積もりのこんなところに要注意!

6.  ディスカバリの単価を下げても全体費用が高くなるトリック

7.  ベンダーの対応力を見極めよう:ベンダーのディスカバリ対応力を見極めるために必ず質問したいこと

 

 

Tags
Show More
Back to top button